« 顧客満足を実現するQRを妨げるもの | Main | 古着ビジネスも鮮度が勝負!~古着流通を考える »

April 04, 2005

なぜ若者は古着を着るのか?

 私の事務所は、原宿竹下通りのど真ん中にあります。春休み中この界隈は、中学生・高校生を中心にごった返しています。原宿と言えば、もともと古着のメッカですが、特にここ数年で、大型店から超激安SHOPまで古着のいろいろな業態が出揃い、その勢いで有名ブランドショップたちを圧倒しています。
 そんなSHOPに、たまに、気晴らしに元気をもらいに行きますが、昔、下北沢や高円寺に通った「古着屋」の「いかにも古着」のイメージではなく、若者達がワクワクするような雰囲気づくりがそこにあります。 試着を繰り返し、買い物かごをいっぱいにしている学生さんたちの気持ちがわかるような気がします。

 なぜ、彼ら彼女らは古着を買うのか、雑談してみました。
1.安い! 390円、500円、990円といった価格から3900円くらいまでが中心
2.個性的! 基本的に一点ものです。
3.意外とおしゃれ! レトロでおしゃれな掘り出し物があります。
 
 古着と言っても、リーバイス501やチャンピオンのトレーナーだけでなく、今のファッショントレンドにあったパーツを世界中から集めて品揃えしてあるので、変な話ですが、今、一番新しいものを見つけたければ古着屋に行け!かもしれません。豪華なブランドものとベーシックなユニクロとスパイスの古着を上手にコーディネートしている子たちを見かけます。
 実は、古着屋でサンプル購入するデザイナーも増えています。業界関係者としては、ちょっと複雑な思いがしますが。

原宿人気古着店HPご紹介
★ハンジロー(岩手県盛岡発)
★古着屋本舗(京都発 スピンズの一業態)
★WE GO(大阪発)
★サンキューマート(大阪発 390円均一)

|

« 顧客満足を実現するQRを妨げるもの | Main | 古着ビジネスも鮮度が勝負!~古着流通を考える »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference なぜ若者は古着を着るのか?:

« 顧客満足を実現するQRを妨げるもの | Main | 古着ビジネスも鮮度が勝負!~古着流通を考える »