« 地に足のついたアパレルSPA(製造小売業)企業 | Main | ファッション商品を売り切る力 »

April 12, 2005

ファッション商品の発注管理にどう取り組むか

 トレンド予測が当たったり外れたりすることが、会社の業績を左右することが多いものです。この永遠の課題をアースミュージック&エコロジーを展開するクロスカンパニーの事例で考えてみたい、と思います。
 
 同社は、計画発注は50%で抑える、展示会のよしあしで上下10%までの許容を認める。そして1.トレンド先読み、2.前年の売れ筋の進化版、3.定番 で各1/3づつ、とバランスを基準にしているとのことです。残りの50%は、シーズンイン後、追加や品揃え漏れをクイック生産で調整してゆくわけですね。
 この「1/3づつ」というのは、前のシーズンをきちっと検証していること、ブランドを支持してくれている固定客が何を望んでいるか、をつかんでいなければできないことです。こういった検証と仮説ができるということ、シーズン中に変化に対応できる体制が整っているということですね。
 また、各ブランド、マーチャンダイザー(企画・品揃え責任者)、デザイナー、生産管理 が一人づつしか置かないということで、意思決定の一貫性、スピードアップ、責任の明確化を行っているわけです。
 
 このあたりは理想的な体制ではないかと思います。会社が大きくなっても、意思決定のスピードを重視した、組織単位づくりが大事だと思います。

クロスカンパニーHP
アースミュージック&エコロジーHP

|

« 地に足のついたアパレルSPA(製造小売業)企業 | Main | ファッション商品を売り切る力 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ファッション商品の発注管理にどう取り組むか:

« 地に足のついたアパレルSPA(製造小売業)企業 | Main | ファッション商品を売り切る力 »