« 人を育てエクセレントカンパニーを目指す | Main | ダイエー再建に「スーパーの女」の影を見た »

April 15, 2005

日本企業の強みは、社員全員がマーケッター

 「マーチャンダイザー的な考え方ができるファッション好きの集団であり続けたい」
(アースミュージック&エコロジーを展開するクロスカンパニーの石川社長(34)の繊研新聞インタビュー記事から。)

 この言葉を読んで、10年くらい前にあるアメリカのマーケティング学者が言った言葉を思い出しました。
「日本企業がなぜ強く、繁栄できたかというと、それは、(欧米の企業が業務を分業で割り切っているのに対し、日本の会社は、)社員全員がマーケッターの発想で仕事をしているからだ」

 ご存知のように、「マーケティング」という学問はもともとアメリカから来たものですが、
その学者はアメリカ企業の従業員たちは、「社員総マーケッター的な発想」を日本人から学ぶべきであると言っているのです。当時は、わかるような気がしました。でも今の日本企業はどうでしょう?社員一丸となってマーケットを顧客を見つめているでしょうか?

 ファッション業界では、マーチャンダイザー=マーケッターであると思います。確かに、社員全員(経営者はもちろん、生産、販売に携わるブランドに関わる人すべて)がひとつのマーケットに対して、「マーチャンダイザー的な考え方」で仕事ができたら、強いブランド、強い会社ができると共感しました。ファッション企業はマーケッターであるマーチャンダイザーおよびその発想を育成すべきです。
 
 クロスカンパニーに関するコメントは今回で終わりますが、将来楽しみな会社が登場したということで、今後を見守りたい、と思います。

クロスカンパニーHP

|

« 人を育てエクセレントカンパニーを目指す | Main | ダイエー再建に「スーパーの女」の影を見た »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 日本企業の強みは、社員全員がマーケッター:

« 人を育てエクセレントカンパニーを目指す | Main | ダイエー再建に「スーパーの女」の影を見た »