« 「アバクロ」日本進出 | Main | 日本にはないクローズアウトマーケットとは »

June 09, 2005

並行輸入品ってなに?

 前回の「アバクロ」日本進出の記事に関連して、「並行輸入品」てなに?という話題が持ち上がっています。
 
 並行輸入品とは、日本に正規代理店(日本支社含む)がいる場合に、

 海外ブランドメーカー→正規代理店、という「正規ルート」ではなく、

 海外ブランドメーカーが自国または、日本以外の他国に「正規品」として市場に流通させた商品を、店頭やディーラーから買い付け、日本に輸入された商品を言います。

 事例でいいますと、

 ①店頭(プロパー・アウトレット)で買い付け(個人買い含む)

 ②公式インターネット通販で購入

 ③正規ディーラーから横流ししてもらう(横流しをしたディーラーは、バレたら取引停止など罰せられますが、商品は本物) 

 ④ブランドメーカーが在庫処分のために納得づくで放出するクローズアウト品

 あたりが主なルートです。

 たまに聞く、生産工場が勝手に過剰生産をして、ブランドメーカーに内緒で販売する場合は、商品はまったく同じですが、「偽もの」です。

 また、「日本自主OOOO協会」に入会していれば安心とは言えません(笑)、自身の責任をもって確かめてください。

 さて、この「正規品=真正商品」と「偽もの」の違いは何でしょう。

 かつて、こういった問題に関し、弁護士、弁理士とともに判例に基づき、基準作りを行った経験から言いますと・・・

 一言で言えば、「ブランドメーカーが認めた品質基準・規格(数量含む)のもとに生産、流通された商品かどうか」です。

 基本的に流通されたルートは問いません(これは、ブランドメーカーと代理店の契約の問題)、むしろ、生産された時点が重要なわけです。

 この基準から言えば、ブランドメーカーが生産工場に対して、キャンセルをして、処分していいよ、という契約があれば別ですが、生産工場が横流しをすると儲かるからといって、勝手に多めに作って勝手に販売するのは、規格外として、「偽もの」にあたります。

 これは、10年近く前の業界では有名な話ですが、アバクロがまだ試行錯誤中の時、香港の工場にキャンセルした商品(アバクロ側が認めている模様なので正規品)が日本のGMSの店頭に並び、大騒ぎになったことがありました。

 このときはアバクロ側が至急撤去命令を出して収集。一方、最近の韓国製のアバクロは、工場の横流し品(商品は本物とまったく同じですが、アバクロがその生産を認めていないため、「偽もの」)も少なくないと聞いています。

 ネット通販、オークションも普及し、個人でも並行輸入品の本物か偽ものかの見分けも大変です。偽ものを作る人は、証明書も偽造します。
 
 ファッションで、友達から、おい、それパチもの(偽もの)じゃないか、といわれることほど恥ずかしいことはありません。

 基本的には、知識武装をした上で、買う側の自己責任で購入することをお勧めします。販売業者(小売)の方は特に、きちっと調査をして販売しないと、偽ものを作った連中と同罪になりますのでご注意を(判例あり)。

拙著 『人気店はバーゲンセールに頼らない 勝ち組ファッション企業の新常識』
全国書店で好評発売中です。

 

※日本の勝ち組ファッションチェーン、グローバルファッションチェーンの成功の秘訣が満載!

blogrankings2

 さて、当ブログは人気blogランキング何位でしょう?


 

|

« 「アバクロ」日本進出 | Main | 日本にはないクローズアウトマーケットとは »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 並行輸入品ってなに?:

« 「アバクロ」日本進出 | Main | 日本にはないクローズアウトマーケットとは »