« ヨーロッパが東京トレンドを認めた日 | Main | ライブドアが手にしたファッションリテール最大の資産 »

October 21, 2005

ポスト・ニコラ世代を追いかけて

 先日、私が参加している不定期稼動プロジェクトチームに、ある非アパレルメーカーさんから相談がもちかけられました。中学生の女の子にある商品を売るのにあたり、既存の販路ではなくて、ファッション的な販売、販売促進アプローチをしたいのだが、という内容でした。

 ご存知のように、90年代の終わりから、雑誌「ニコラ」を読み、SPEEDやモー娘に憧れ、ナルミヤ・インターナショナルの「エンジェルブルー」や「メゾピアノ」などを好む小学校高学年~中学生のこの世代は、ニコラ世代と呼ばれました。
 当時、ナルミヤは、パイも少なく、誰も相手にしないニッチマーケットのこの世代に上記のブランドをしかけ急成長、最近JASDAQ(ジャスダク)公開も果たしました。渋谷の109―02もこの世代に照準を絞っているファッションビルです。

 そんなことで、この案件に対して、まず、ナルミヤ系ブランドイメージが議論されましたが、まもなく、既に低年齢化していることがわかり(私の小学校2年生の娘も1年生のころからナルミヤ系を真似た量販ブランドを着ていましたし)、かつてナルミヤが幅をきかしていたこの世代向け雑誌には、今や、JASSIEやCOCOLULUなどの109本館のブランドがかなり主流になりつつあることがわかりました。ある意味、マルキューの青田買い作戦ですね。

 結局109系のアプローチで話を進めていますが、ブランドの低年齢化の早さを感じさせられたものです。

 そんなおり、ナルミヤ・インターナショナルは、かつてエンジェルブルーやメゾピアノを支持してくれた客層に「スーパーレーベルbyエンジェルブルー」や「クリスタルbyメゾピアノ」といったお姉さんブランドを始めました。

 一般的には、有名になったブランドの下、というかディフュージョン(普及型)ブランドの成功事例は多いです。また、ファッションセンスが高い20代を対象にしていたブランドが、そのファンの年とともにライフスタイルが変化するのにあわせて30代向けのブランドをつくる事例は多くあります。これからますますファッションセンスを高める年頃にナルミヤのMDはヒットするか?
 敵は、上から降りてくるマルキュー系、ナルミヤの新しいチャレンジの結果はいかに・・・。

ご興味、共感いただきましたら、今日も一票、クリックで応援よろしくお願いします。
blogrankings2 >>>人気blogランキング に参加しています。

お知らせ:このブログが学研ムック「最新人気ブログランキング200」(9月16日発売;830円)で紹介されました!
カテゴリ別ランキング第5位(69P掲載)。これも皆様のおかげです。

|

« ヨーロッパが東京トレンドを認めた日 | Main | ライブドアが手にしたファッションリテール最大の資産 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ポスト・ニコラ世代を追いかけて:

« ヨーロッパが東京トレンドを認めた日 | Main | ライブドアが手にしたファッションリテール最大の資産 »