« 先週の記事別アクセスランキング | Main | 業界はサイズの需要に対応しているか? »

November 08, 2005

どうなる?プレミアムジーンズブーム

 本日の繊研新聞に月例ですが、10月のアメリカ大型店売上高データが掲載されていました。

 原油高、ハリケーンの影響がアメリカ経済を揺るがすといわれて、消費者信頼度指数は下がっているものの、アメリカの大手チェーンストアはウォルマートやターゲットなどのディスカウンター、ヤング向けカジュアルチェーン店は秋物が後半大きく動いて順調のようです。

 GAPやLIMITEDの既存店売上前年割れ(前年比95%前後)を尻目に、アバクロの131%(A&Fは120%ですが、ホリスターの134%とキッズのアバクロンビーの176%が牽引しているようです)、アメリカンイーグルの117%はここのところ何ヶ月も連続で絶好調の模様です。
 この2社(A&FとAE)が連続して好調な要因としては、レギュラーラインの強化とともに、高価格帯のヴィンテージ風プレミアムジーンズの導入が大きく寄与しており、そのあたりをないがしろにしていたことが、GAPやLIMITEDの不振に表れているようです。

 ところで、90年代後半アールジーンズの登場と、2000年のセブンのブームから始まり、ここ2年のセレブブームで最高潮を迎えたプレミアムジーンズブーム。 今年の初秋にラスベガスで開催された06年春向けMAGIC(世界最大のファッショントレードショー)でも、新ブランドの代理店争奪戦があったり、プレミアムジーンズは人気の的だったようですが、ここにきて来春にむけては、踊り場に差しかかっている模様です。

 先日、プレミアムジーンズなどもインポート販売しているある専門店チェーンの幹部の方と話をしましたが、トゥルーレリジョンは、はきやすい素材とシルエットで客層の裾野を広げ、引き続き売れているが、その他の老舗、新興ブランドは大苦戦、とおっしゃいます。

 先週の繊研新聞の記事(10月31日付け)でも、セブン・フォー・オールマンカインドの日本の代理店でもあるカイタックインターナショナルが持つアメリカLA最大規模のデニム工場の受注も8月までの月あたり40万本ペースから9月は27万本(70%)程度に落ち込み、日本の岡山地区の対米デニム生地輸出も落ち込んでいるとのこと。やはり、ブームにあたり、ブランドが乱立したことが停滞の要因と見られます。

 ブームはいつしかピークを過ぎ、停滞するものですが、いろいろなチャレンジャーブランドが、素敵な商品をマーケットに送り出してくれましたから、これからは、淘汰を経て、安定期を迎えるものと思います。

 そういえば、そんなブームの下地を作ったと言っても過言ではない、リーバイスのプレミアムライン LEVIS REDですが、そのデザインチームが拠点をロンドンからLAに移すと聞きました。彼らの目の付けどころは確かだと思いますので、そういった意味でもまだまだ発信基地としてのLAダウンタウンからは目が離せないですね。

ご興味、共感いただきましたら、今日もクリックで応援よろしくお願いします。
blogrankings2 >>>人気blogランキング に参加しています。

|

« 先週の記事別アクセスランキング | Main | 業界はサイズの需要に対応しているか? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference どうなる?プレミアムジーンズブーム:

« 先週の記事別アクセスランキング | Main | 業界はサイズの需要に対応しているか? »