« 絶好調企業「ポイント」に思う店頭情報活用考 | Main | カルディコーヒーファームに見る店頭エンターテイメント »

January 13, 2006

トリンプの「八ヶ岳MD」

 1月12日付け繊研新聞のランジェリーメーカー&SPA企業のトリンプインターナショナルジャパンの記事を読んで。

 「八ヶ岳MD」とは、さすが、早朝会議によるスピード経営、ノー残業で有名な同社の吉越社長らしいネーミングですね。以前、このブログでも、同社の「売り切り御免トコロテン戦略」をご紹介しましたが、それをプロダクトライフサイクル曲線の側面から見たネーミングであります。

 今や、ピーチジョン(PJ)などが火をつけたファッションとランジェリーの垣根崩しは、いわゆる肌着業界にも「鮮度重視」の影響を与えています。トリンプも同社のSPA業態、AMO‘S STYLEなどで、従来の販売期間想定を半分に短縮する単サイクルMDを実践しており、直営店既存店売上高は、32ヶ月連続増収増益とすばらしい数字に支えられ、会社の決算も20期連続の増収増益も見えた、とのことです。
季節商品の販売期間を6ヶ月から2-3ヶ月に、スポット商品を3ヶ月から1ヶ月に短縮設定し、企画数は2倍に増えたものの、店頭の鮮度を維持して、在庫と、最終見切り損を減らした、というファッション販売の近代手法を取り入れたもの。

 ファッションでは、一般的に、追加をかけなかった場合、新商品投入から、2-3週が売上のピークにあたり、その後、店間移動を駆使しても、売上点数はゆっくり下降に向かいます。それを、1企画あたりの生産数を7割に押さえ、下降を新商品の投入でカバーするというもので、それぞれのプロダクトライフサイクル曲線を重ね合わせると、八ヶ岳連邦のように見えることから「八ヶ岳MD」と命名しているようです。

 この手法は、従来なら、作り手の視点で、プロパー、バーゲンを軸に考えられていたファッション業界を、いつも新鮮な売り場の維持と、今買わないと売り切れるという顧客心理側面から実践したもので、109やヤングカジュアルファッション、海外ファストファッションでは主流になっています。

ますますワクワクする売り場作りへ、業界各社のチャレンジは続きます。

皆様の応援が毎日の活力になります。
今日もこちらをクリックしていただければ幸いです。

blogrankings2 >>>人気blogランキング に参加しています。

|

« 絶好調企業「ポイント」に思う店頭情報活用考 | Main | カルディコーヒーファームに見る店頭エンターテイメント »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference トリンプの「八ヶ岳MD」:

« 絶好調企業「ポイント」に思う店頭情報活用考 | Main | カルディコーヒーファームに見る店頭エンターテイメント »