« ファストリがキャビンを傘下に | Main | 絶好調 ヴィレッジ・ヴァンガードに見る「商売の原点」 »

April 22, 2006

経済産業省、偽ブランド品個人輸入規制へ

 4月22日の日経新聞によると、経済産業省は21日、偽ブランド品など模倣品・海賊版の個人輸入を規制する方針を明らかにしたとのこと。

 もともと、小泉首相を本部長とする知的財産戦略本部が模倣品対策の重点政策として個人輸入の規制を上げていたのを受けるかたちで、具体策の議論に入るとのことです。

 以前もブログで、知財本部の方向性についてのエントリーはいたしましたが、偽ブランドについては、業者個人問わず、販売目的の輸入は禁止されていたのに対し、個人の「所有」については、規制があいまいで、業者が個人輸入代行にかこつけて大量輸入していたのを退治するのが大きな目的ですが、個人の偽ブランドに対する認識や持つことのモラルを問うことも狙っています。

 記事によると、アメリカでは偽ブランドの個人輸入は1人1個に限定しているらしく(認めているということですね。)、まずはこういったアメリカモデルを参考にしながら、個数制限から入る模様です。

 これらの規制は大事なことですが、もっと大事なことは、企業、個人ともブランド品に対する正しい知識をもつことだと思います。

 以前、ブランドものの並行輸入の事件や判例は弁理士の方の協力も得て、かなり調べたことがありましたが、本来、生活者利益を守るために独占禁止法で認められているはずの並行輸入にかこつけて、偽ブランドの流入が減らない背景には、問題になったら何とかしよう、という企業のモラルの低さと、安ければ偽物でもかまわないという少なくない顧客の存在があると思います。

 今回の法整備後に期待するのは、並行輸入品取り扱い店は、もっともっとお客さんを守るため保証体制と社員教育を、お客さんも果たしてそういった企業の姿勢が信頼できるかどうかのシビアな目を養って、商品を購入するくらいになってもらうこと、でしょうか。

 関連エントリー-偽ブランド、個人所有も含め全面輸入禁止へ新法
 関連エントリー-並行輸入品ってなに?

皆様の応援が毎日の活力になります。
今日もこちらをクリックしていただければ幸いです。

blogrankings2 >>>人気blogランキング に参加しています。

|

« ファストリがキャビンを傘下に | Main | 絶好調 ヴィレッジ・ヴァンガードに見る「商売の原点」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83922/9708694

Listed below are links to weblogs that reference 経済産業省、偽ブランド品個人輸入規制へ:

» 24時間で今後のインターネットで稼ぐ収入を二倍にするスキル。 [24時間で今の2倍のネットビジネス収入を簡単に稼ぐスキル!]
24時間で今後のインターネットで稼ぐ収入を二倍にするスキル。 このスキルに興味を持って頂いたあなたに、1つお願いがあります。 少しだけ想像してみてください。 もし、あなたのインターネットで稼ぐ収入が2倍になったら、そのお金を何に使いますか? ◎「今の車のローンを完済し、憧れの高級車を手に入れる!」 ◎「欲しいけど今まで買えなかった絶対欲しいアレを買う!」 ◎「手狭になった家や事務所を引越ししたい!」 ◎「今までずっと行きたかった旅行地に行って、高級リゾートホテル旅行に泊まる!」... [Read More]

Tracked on April 23, 2006 at 12:48 AM

« ファストリがキャビンを傘下に | Main | 絶好調 ヴィレッジ・ヴァンガードに見る「商売の原点」 »