« H&M(エッチアンドエム)が来春中国進出 | Main | 先週の記事別アクセスランキング »

June 26, 2006

ポストSC時代に大切なこと

 25日の日経新聞、連載特集「消費をつかむ」および「言葉で読む消費」を読みながら、まちづくり3法改正以降のポストSC時代の商圏とビジネスのあり方を想像していました。

 近隣型SCに次なる成長を求め、新業態も視野に入れて開発に力を入れる企業。既存大型SCテナント入れ替えに隙あらば新業態で更に食い込もうとする企業。本命はJRと、波に乗る企業。最近はそんないろいろな業界話や報道が耳に入ります。

 企業の成長戦略として、どれも決して間違ってはいないと思いますが、この日の日経の記事、特に1面の「消費をつかむ」を読んでいると、商売にはもっと大事なことがあるような気がしてきます。

○売上高が驚異の103ヶ月連続プラスの京急百貨店(横浜市上大岡)の話・・・同店のポイントカードを持つ港南区の顧客=13万人は、同区の世帯数の1.5倍といいます。
○駐車場がガラガラで駐輪場を増設する埼玉の商業施設
○他県からの集客ができなくなり、へたる上越の郊外大型パワーセンター・・・

 アメリカのSC社会に宝の山を見、大型SCで広域からの集客をもくろむ大手デベロッパーの夢は、まちづくり3法改正を待たずとも、打ち砕かれ、企業の「投網」戦略とは裏腹に、少子高齢化、人口減時代は小商圏あるいはアクセスのよい立地で、幅広い世代の顧客にきめ細かく対応する企業の支持が高まる必然。

 顧客の顔が見えているということ、ローカルの需要に応えること、工夫を続けること、そしてそんなひたむきの努力に口コミで顧客が顧客を呼ぶ時代。企業に必要なことは、現場への権限委譲、真の商売人づくり・・・変わるだろうな、そんな風に、と思う今日この頃。

皆様の応援が毎日の活力になります。
今日もこちらをクリックしていただければ幸いです。

blogrankings2 >>>人気blogランキング に参加しています。

|

« H&M(エッチアンドエム)が来春中国進出 | Main | 先週の記事別アクセスランキング »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ポストSC時代に大切なこと:

« H&M(エッチアンドエム)が来春中国進出 | Main | 先週の記事別アクセスランキング »