« ファッションリテーラーの在庫コントロール | Main | GAPが小型店で出店攻勢 »

July 27, 2006

ダンからタビオへ、世界の靴下屋をめざす

 7月26日の繊研新聞に靴下メーカー、「ダン」の越智社長のインタビュー記事が、同日の日経MJには、同社が運営する表参道ヒルズの「TABIO(タビオ)」の記事が掲載されています。

 ファッションビルやショッピングセンター(SC)内の小スペースで大活躍する「靴下屋」でおなじみの同社。消耗品として、3足1000円が相場になり、5足1000円、百均でも大量販売される靴下マーケットの中で、高品質の国産品にこだわりつづけ、衰退する日本の靴下産地を支える代表格の企業です。

 昔、初めて「靴下屋」を見た時、うまいなぁ、と思ったものです。

 ソックスというアイテムはファッションの中では、脇役ではありますが、小スペースで成り立ち、客数に比例して、もっとも販売効率のよい商品群であることは、業界では常識。

 SC内では、多くの企業がアパレル(洋服)を売らんと競合する中、総合専門店であれば、ついで買いの「靴下」、という商品にフォーカスした同社は、SC内のすべてのアパレルショップの「靴下コーナー」というニッチ(すきま)マーケットに上手くポジショニングさせました。

 そんな同社が、イギリスに進出した「TABIO(タビオ)」の屋号で、今年、表参道ヒルズの地下に同名のショップをオープン。当初の計画を上回る好調な売れ行きとのことです。

 実は、私も靴下はもっぱら3足1000円を利用していましたが、ヒルズOPEN後、友人に頂いたTABIOの1足1000円以上の靴下を試したところ、履き心地、クオリティの格段の違いにファンになってしまい、その後TABIOで何足か靴下を購入させていただいている次第です。 

 同社は9月に創業30周年を迎え、社名をダン(もともと「男(ダン)」という意味からとったそうです)からタビオに変更し、高品質と世界を視野に入れビジネスを拡大するとのこと。

 これからも創業以来のポリシーを守り続け、高品質の靴下にこだわっていただきたいと思います。応援しています。

皆様の応援が毎日の活力になります。
今日もこちらをクリックしていただければ幸いです。

blogrankings2 >>>人気blogランキング に参加しています。

|

« ファッションリテーラーの在庫コントロール | Main | GAPが小型店で出店攻勢 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ダンからタビオへ、世界の靴下屋をめざす:

« ファッションリテーラーの在庫コントロール | Main | GAPが小型店で出店攻勢 »