« 定番スニーカーの値崩れ | Main | 先週の記事別アクセスランキング »

August 20, 2006

コナカとフタタの経営統合に見る日本的M&A

 AOKIのTOBによる経営統合案に端を発したフタタをめぐるコナカとAOKIの統合提案合戦は、18日にフタタがコナカ案を取り入れ、AOKIが統合案を取り下げたことで決着がつきました。

 AOKIが経営統合案を提示してから日経新聞始め、各紙で毎日のようにその動向が取り上げられており、その記事を興味深く追っていましたが、結論は株式公開企業同士でありながら、創業家企業による極めて日本的でわかりやすいものだったような気がします。

・フタタの創業者、二田相談役(二田社長の父)は二田社長(息子)が世代的に共感してコナカと業務提携したにもかかわらず、業績が目に見えて改善しない状況、そのスピードに業を煮やした。

・二田相談役(父)は、旧知のAOKIホールディングス青木社長に相談し、AOKIは株式市場の原理を利用したTOBによる経営統合、子会社化を提案をけし掛けた。

・経営統合、多角化といった革新経営に手馴れたAOKIは、リーズナブルな提案を行った。

・あわてたコナカは株式交換による経営統合、子会社化を正式にフタタに提案した。これにより、フタタは同社と株主の利益を考え、二つの選択肢のうち、どちらを取るかの選択に迫られた。

・株式会社の論理から言うと発言力がないにもかかわらず、二田相談役(父)は、中途半端ではない結論が出る直前までプレッシャーをかけ続けた。

・フタタはコナカ・フタタサイドと言える銀行をアドバイザーに役員会議でソフトランディングと言えるコナカを選択した。

・AOKIは紳士的に提案を取り下げながらも、提案の正当性を誇示した。

こんなストーリーでまとめた方も少なくなかったのではないか、と思います。

おそらく創業の父も少しは親心からホッとされていたのではないか、と想像しますし、二世経営者同士が出した結論にエールを送った青木社長の一枚も二枚も上手の役者ぶりも印象的でした。

今回の一件で特に象徴的だったのは・・・

○カリスマ創業者の二世社長への親心と苛立ち

○二つの選択肢から買収される側が選ぶM&Aの事例

○AOKIとコナカ&フタタの社内外の戦略ブレーン層の厚さの違い

でした。

 私も一時、気迫のカリスマ創業者と二世経営者に仕えた経験から今回の結論に妙に納得しながらも、株式市場の原理に問えない日本の公開企業のあり方に少し考えさせられる部分もありました。

皆様の応援が毎日の活力になります。
今日もこちらをクリックしていただければ幸いです。

blogrankings2 >>>人気blogランキング に参加しています。

|

« 定番スニーカーの値崩れ | Main | 先週の記事別アクセスランキング »

Comments

TBありがとうございました。
やはり日本の、それも中堅企業にはTOBはまだまだ馴染まないでしょうね。産業構造が違うんだから、それでしょうがないと思います。

Posted by: 松尾 | August 21, 2006 08:13 AM

takaさん
こんにちわ。IC協会の西日本の上嶌です。
トラックバックさせてもらいました。
買収される側が買収先を選ぶなんて、大変面白い事例でしたね。
いつも拝見しております。今後ともよろしくお願いします

Posted by: ueshima | August 21, 2006 05:39 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference コナカとフタタの経営統合に見る日本的M&A:

» 日本にTOBは定着するか [「Thats B!」-Runners Diary]
中堅紳士服チェーンのフタタを巡る、コナカとAOKIの株式争奪戦に、昨日決着が付いたようです。もとから関係のあったコナカに経営統合し、TOBを仕掛けたAOKIは閉め出されたかたち。 この件を巡っては、「日本でも本格的なTOBの時代が始まった」と語られることは多いですし、確か... [Read More]

Tracked on August 21, 2006 08:09 AM

» フタタとコナカの統合にみるこれからのM&A戦略2 [小売業の業務改善コンサルタント]
皆さん、こんにちわ。このブログは小売業で働く方やその業界に関連する方々に日経ニュースを役立つ情報にしてもらうことを目的に運営しております。どうぞよろしくお願いします。 【昨日・今日の業界ニュース】 ●千趣会、情報システムの運用管理を日本IBMに委託 【コラム】 2回目の投稿となります。8月19日の投稿にも書きましたが、今回の買収劇は買収される企業が有益なプランを選択するという過去に例がないような買収劇でした。では、フタタとはどのような会社なのでしょうか? 同社のホームページの財務諸表... [Read More]

Tracked on August 21, 2006 05:40 PM

« 定番スニーカーの値崩れ | Main | 先週の記事別アクセスランキング »