« 先週の記事別アクセスランキング | Main | ワールドが服飾系専門学校で明日の店長育成 »

January 10, 2007

米GAPが事業再建計画検討へ

 1月10日の日経新聞によると、世界最大のSPA企業、米GAPが、ゴールドマンサックスと契約をし、いよいよ事業再建の検討に入ったとのことです。

 GAPの事業売却の噂は以前からいろいろと出ていました。バナナリパブリックはそこそこの業績を出しているものの、GAP本体は、全米飽和状態、低価格業態のOLD NAVYが不振の状況で、現在、10四半期連続の既存店前年対比割れを喫している模様です。 

 アメリカのネットニュースメディア各紙によると、
 1.投資ファンドによる買収、事業再生
 が最有力で、以下

 2.37%株式を保有する創業者フィッシャー氏ファミリーによるMBOと非公開化
 3.バナナリパブリック、GAP、OLD NAVYの分割売却

 など、が検討課題で、いずれにせよ、株主の現CEOに対する不振を一掃することを急務としているようです。
 
 メディアの見方は、同業他社には、これほどの規模の同社をTake Overするパートナーは見つかりづらく、既存店割れとは言え、不動産資産はないものの、引き続き大きなキャッシュフローを生み出している同社は、非公開化、再生後、再上場とすることが、投資ファンドにとっては魅力とのことです。

 興味深いのは、GAPの再建(事業売却など)に伴って、同社の売上高が減少すると、毎年20%近いまたはそれ以上のペースで成長し続けているH&MとZARAを展開するINDITEXが世界ファッションSPA世界1位、2位に躍り出るスピードが加速する、ということです。

 いずれにせよ、ユニクロの柳井会長の言葉を借りて申し上げると、この「ファッション第1世代SPA(LIMITED、GAPなどのトレンドの要素を持ったベーシックチェーン)」から「第2世代SPA(ハイファッション、トレンドファッションを低価格で販売するファストファッションチェーン)」への「世代交代」は時代の大きな潮流といえましょう。

 2008年にH&Mが日本進出するころには、H&Mは世界一になって、鳴り物入りでやってくる可能性が高まったということです。

 今後のGAP社の動向に注目です。

いつもお読み頂きありがとうございます。
毎日1回、クリックで応援よろしくお願いします。

blogrankings2 >>>人気blogランキング に参加しています。
【第8位】↑up (07.01.10現在)

|

« 先週の記事別アクセスランキング | Main | ワールドが服飾系専門学校で明日の店長育成 »

Comments

takaさま

私はおばさんですが、GAPでもユニクロでも買います。
確かにベーシックはいいのですが、新鮮味はないのですよね。

ユニクロのジーユーは売上見込みを下方修正したらしいのですが、どうなんでしょう。

これからの分析を期待しています。
応援クリックしました。

Posted by: 河上@マーケ | January 12, 2007 at 09:53 PM

takaさん
こんにちわ。IC協会の上嶌です。やはり同じ内容の投稿になりましたのでトラックバックさせて頂きました。

>この「ファッション第1世代SPA(LIMITED、GAPなどのトレンドの要素を持ったベーシックチェーン)」から「第2世代SPA(ハイファッション、トレンドファッションを低価格で販売するファストファッションチェーン)」への「世代交代」は時代の大きな潮流といえましょう。

なるほど、そういうことなんですね。わかり易い説明で参考になります
これからも分析をよろしくお願いします


Posted by: ueshima | January 13, 2007 at 09:48 AM

河上様

コメントありがとうございます。

私もGAPやユニクロは昔から欠かせないパーツとしておさえています。

ジーユーは、
集荷型(メーカー企画の寄せ集め)でクオリティにばらつきがあること
立地がファッションを買いまわる場所でないこと
まだ試行錯誤中でやっている方々も形が見えていないのでは
ないか、ということなど前途多難ではありますが、ユニクロとの上手な住み分けのチャレンジを続けて欲しいと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。

Posted by: taka | January 14, 2007 at 02:38 AM

Takaさん

お久しぶりです。LAビジネスウォッチャーズのJOEです。

昨年12月期の既存店成長率がマイナス8.0%と、予想以上の不振となりましたね。昨年から様々なてこ入れ策を講じてきましたが、効果は出ていないようです。やはり抜本的な改革が必要ということでしょうか。今後のGapの戦略には私も注目したいと思っています。

Posted by: LAビジネスウォッチャーズ | January 18, 2007 at 02:44 AM

JOEさん

いつもコメントありがとうございます。

やはりGAPは厳しい数字が続いていますね。

ディズニー出身のCEOやマーケティング畑の幹部が多いようで、商品がわかる方が去っていっていると聞くのが残念です。

やはり、ファッションは商品力ですからね。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

Posted by: taka | January 19, 2007 at 12:58 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83922/13430776

Listed below are links to weblogs that reference 米GAPが事業再建計画検討へ:

» ギャップが身売り憶測で株価急騰 [小売業の業務改善コンサルタント]
ギャップが身売りするとの憶測が飛び交い株価が急騰しているそうです。 米国ではアナリストの予測の権威が高くこの予測を上回るかどうかで株価が大きく変動します。ギャップは業績が下回ったようです。 アバクロやアメリカンイーグルに顧客を奪われているとは聞いていたんですが、噂とはいえ、目標としていた企業なので驚きをかくせません。 ギャップの売場を始めて見たとき、パンツのサイズ直しが不要なことやセグメンテーションされた商品構成にアメリカの豊かさ、買い物の楽しさを実感したもので、自分の日本でギャッ... [Read More]

Tracked on January 13, 2007 at 09:43 AM

« 先週の記事別アクセスランキング | Main | ワールドが服飾系専門学校で明日の店長育成 »