« この秋の新商業施設は、銀座・有楽町・東京駅が見どころ | Main | 先週の記事別アクセスランキング »

September 02, 2007

スナップサイトの勢いと可能性

 先日エントリーした

 ファッションビジネスの常識を逆回転させる?ストリートスナップの魅力

 の内容に多くの方が関心をもってくださり、さまざまなリンクやコメントを頂いています。

 ファッション誌もさることながら、「いまや、ネット上のスナップサイトの方が熱いよ」と教えてくださる方もいらっしゃり、特に、私もよくチェックさせていただいているファッション系屈指の人気ブログ、Elasticさんでは、とても興味深いエントリーに引用していただきました。

 Elastic:次世代のファッションリーダーはスナップサイトから生まれるかもしれない

 スナップサイトからカリスマモデルのみならず、その運営者の中から、オピニオンリーダーやトレンドセッターなど、ファッションリーダーたちが生まれるのではないか、WEB2.0時代のネット社会はそれだけの影響力を十分にもっているはず。そして誰にでもそのチャンスはある・・・

 Elasticさんが語っている内容は決して夢物語ではなく、近い将来現実として起こることであると確信めいたものを感じます。

 誰にも勢いを止めることのできないストリートのパワー、ネット上でも増殖中。

 これからも、もっともっと楽しませてくれそうですね。
 
いつもお読み頂きありがとうございます。
毎日1回、こちらをクリックお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
blogrankings2 >>>人気blogランキング に参加しています。
【第6位】↑up (07.09.02現在)

|

« この秋の新商業施設は、銀座・有楽町・東京駅が見どころ | Main | 先週の記事別アクセスランキング »

Comments

確かに最近スナップサイトが増えましたね。ただ、いかにもアマチュア的なものが多くてまだまだ発展しそうにないのかなぁと思っています。個人的にはFashionsnap.comというところがスナップ以外にもポッドキャストなんかやっていてよく聞いています。

Posted by: sai | September 08, 2007 at 04:49 PM

saiさん

コメントありがとうございました。

ネットはどんな規模でもどんな人でも始められるツールなので、確かに、精度もいろいろあるかもしれませんね。

しかしながら、スピードは紙媒体より格段に速いので、これからの展開を楽しみにしています。

これからもよろしくお願いいたします。

Posted by: taka | September 09, 2007 at 10:29 PM

遅くなりましたが、このエントリーをパーマリンクつきでR2Linkの私の日記で紹介させていただきました。

スナップサイト、すごくポテンシャルを感じます。
これ、ウェッブ2.0ですよね。ストリートファッションの集合知を作る。びっくりです。

R2LinkはSNSなので、トラックバックできないのが残念。
よろしければ、おこしください。流通業界専用のSNSです。自由登録制です。
http://R2Link.com

Posted by: 鈴木敏仁 | October 06, 2007 at 08:19 AM

鈴木様

コメントありがとうございました。

ご紹介ありがとうございます。

私もSNSの方登録させていただきました。

そちらの方も活用さえていただきます。

今後ともよろしくお願いいたします。

Posted by: taka | October 08, 2007 at 04:02 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83922/16326009

Listed below are links to weblogs that reference スナップサイトの勢いと可能性:

» ファッション誌「ハイファッション」編集長:田口淑子さん [旅行とか温泉とか ]
雑誌のスタンスはそれぞれあっても、レベルの高さを決めるのは編集長の資質と意欲だ。とりわけ求められるのは、ぎりぎりまで妥協しない姿勢だろう。顔で笑って心で泣くこともあるし、時にはあえて心を鬼にして怒鳴る必要もある。■一途に戦う編集長の姿 そんな編集長のあるべき姿の見本例の一つが田口さんだ。「一途に闘っていることが多いけれど、私ってそんなに強い人間じゃないのに」。相手は社外だったり、社内上層部だったり、部員を厳しく叱ることもある。だがそれは、ファッションを愛し、「ハイファッション...... [Read More]

Tracked on September 20, 2007 at 12:20 AM

« この秋の新商業施設は、銀座・有楽町・東京駅が見どころ | Main | 先週の記事別アクセスランキング »