« ハニーズ初のM&Aでトレンド企画機能を獲得へ | Main | SC開業過多の行く末 »

December 14, 2007

試着販売スクープで考える業界の常識と課題

 今週の読売ウイークリーにサンエーインターナショナルグループの人気ブランド、ピンキーガールズで行われていたとされる「行き過ぎた」販売員の試着、新品戻し販売のスクープ記事が掲載され、これらに対し、同社はHP上で、当初の意図と誤解を招いたとする同手法の中止について説明をしています。

 記事の内容にご興味ある方は、同誌をお読みいただくとして、ファッションリテイラーの販売スタッフが自社ブランドの商品を店頭で着て接客販売することは業界の多くの会社で常識のひとつになっています。

 古くから、業界で販売スタッフはマネキン(このフランス語がマヌカン)と呼ばれるように、販売スタッフの「着用」は、コーディネートや商品の良さを店頭でもっともわかりやすく顧客に伝える手法と考えられ、実際、説得力を持って売上につながっています。

 みなさんも販売員さんが身につけているものに魅力を感じて、購入された経験をお持ちなのでは・・・

 通常、この着用商品は、スタッフが社員割引で買ったり、会社側から支給されるのが一般的ですが、実際は、前者が多く、安くは買えるものの、給与からの天引きというスタッフの馬鹿にならない継続的な負担になっているのが現実。中には、会社側がノルマを課して売上のあてにしたりする事例も耳にします(←これじゃ、まるで飼い殺しですね)。それが理由で、せっかく採用になった職を断念するケースもあるようです。

 ここのところ業界では、従来の春夏・秋冬という2つの大きいシーズンを6つから8つに細分化し、多品種小ロット、ひとつひとつの商品の販売期間を短くして、その商品回転、鮮度で生活者を魅了し、競合他社とスピードで競争している昨今です。

 旬の自社ブランド服を着続けることをスタッフに課すとすると、スタッフにとっても、会社にとっても、気づかぬうちに負担が大きくなるのだなぁと思い知らされます。

 また、そんなプレッシャーは、スタッフの定着率に影響するでしょうし、「試着販売」を奨励するとなると、運用面で、公私の境目がわからなくなり、こんなスクープや目に見えないところで不正も起こってしまうのではないかと心配してしまいます。

 マーケット環境の変化は、業界の常識だから、みんなそうやっているから、では済ませられないことへも手をつけていかなければならない時代の始まりでもあります。

いつもお読み頂きありがとうございます。
毎日1回、こちらをクリックお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
blogrankings2 >>>人気blogランキング に参加しています。
【第10位】↓down (07.12.14現在)

|

« ハニーズ初のM&Aでトレンド企画機能を獲得へ | Main | SC開業過多の行く末 »

Comments

【続報】
2月8日の日経新聞、繊研新聞、11日の日経MJによると
同社は、調査の上、組織的でないながらも、一部の店舗で「試着販売」が行われていたことを認め、これを禁止の上、年間3億円の経費をかけて全店、全ブランドに制服貸与制度をスタートさせるとのことです。

Posted by: taka | February 11, 2008 07:36 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 試着販売スクープで考える業界の常識と課題:

» えー、ここで時事ネタをひとつ [ドM]
たまにはちょっと時事ネタをはさんでみたいと思います。 今年を表す漢字は「偽」だそうです。 ヤフーニュースの記事へのリンクはこちら↓ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071213-00000315-mailo-l26 食品表示、耐震偽装は勿論ですが ヤフオクでは若者向けのブランド品の偽者流通量が 裏原ブーム以来、久しぶりに増加傾向にあります。 正規品を一つでも持っていれば 一目で偽者と分かる品質のものばかりですが mixi(もし..... [Read More]

Tracked on December 15, 2007 09:52 PM

» 試着販売の暗黙の了解と謎 [ビスカカ日記]
やっと明るみになった 店員の試着販売問題 livedoorニュース サンエー:「Pinky Girls」などの店員がPRに使った服を客に販売で苦情。11月中に中止 この問題は、多くのアパレル小売業が口には出せないが...... [Read More]

Tracked on December 17, 2007 07:57 AM

« ハニーズ初のM&Aでトレンド企画機能を獲得へ | Main | SC開業過多の行く末 »