« 先週の記事別アクセスランキング | Main | インナー専業メーカーのSPA(製造小売)化が進む »

March 11, 2008

サマンサタバサが価格帯引き上げ欧米バッグブランドに挑戦

 3月10日の日経MJにセレブやモデルと協業した商品ラインで若い女性に人気のバッグブランド、サマンサタバサが今秋から中心価格帯を大幅に引き上げることに関する記事が掲載されていました。

 記事によると、この一年3万5千円~6万円だった中心価格帯を6万~8万円と大幅に引き上げる模様です。

 この価格戦略の裏付けとしては

○07年にそれまで3万円だった中心価格帯を3万5千円から6万円に上げ増収となったこと

○サラ・ジェシカ・パーカーなどのモデル起用で40代など従来よりも年齢の上の客層の取り組みに成功していること

○フェラガモやマーク・バイ・マーク・ジェイコブスのバッグデザインにも関与したケイティ・ヒリヤー氏を起用し、より上質高感度なものづくりが実現できるであろうということ

があるようです

 記事が指摘されているようにこの新価格帯は手の届くラグジュアリーで成功しているコーチやルイヴィトンのネヴァーフルあたりとの競合になるわけですね。

 これに対し、サマンサJPの寺田社長は価格帯は同じでも競合欧米ブランドは布製が多く、サマンサタバサは革製であるため自信はあるとのこと。

 かつて寺田社長がインタビューに対し、将来は欧米バッグブランドと勝負したいとコメントしていたことを読んだ記憶があります。

 これらのチャレンジ、一定の成果はありそうですが、一般的に、これだけのプライスライン変更は、客数減、既存顧客の離脱のリスクがあると思います。

 これまで同ブランドを支持してくれた層もしっかりおさえながら、新しいプライスラインの品揃え、クオリティアップに期待したいところです。

いつもお読み頂きありがとうございます。
毎日1回、クリックで応援お願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
blogrankings2 >>>人気blogランキング に参加しています。
【第9位】↓down (08.3.11現在)

関連エントリー-ブランドビジネスの常識を覆す、コーチ
関連エントリー-手の届くラグジュアリー、コーチの日本戦略

|

« 先週の記事別アクセスランキング | Main | インナー専業メーカーのSPA(製造小売)化が進む »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サマンサタバサが価格帯引き上げ欧米バッグブランドに挑戦:

« 先週の記事別アクセスランキング | Main | インナー専業メーカーのSPA(製造小売)化が進む »