« 成長アパレル買収と近代的組織の確立 | Main | BEAMS(ビームス)ステイショナリー、セブンイレブンで販売 »

April 04, 2008

H&M日本進出、コム・デ・ギャルソンとコラボのインパクト

 今秋、日本進出を控えた世界最大のファッション業態、スウェーデンのH&Mが、4月3日付プレスリリースで、11月に日本が世界に誇るデザイナー、コム・デ・ギャルソン(川久保玲)とのコラボコレクションを発売することを発表しました。

 このニュースは、4月4日付繊研新聞の一面トップや、世界のネット上のファッションニュースサイトで次々に取り上げられています。

 H&Mのプレスリリースをそのまま和訳したのが、このサイトです。

 共同通信PRワイヤー:コム・デ・ギャルソンが、今秋日本上陸のH&Mとコラボレーションへ

 メンズ、レディース、キッズ、アクセサリー、フレグランスのフルラインで、11月7日の原宿店オープンでは、世界発売に先駆けた先行販売になるようです。(銀座店、原宿店とも8-9月オープンと聞いていましたが、銀座店は9月、原宿店は11月オープンのようです。)

 コム・デ・ギャルソンの川久保玲さんは、これまで、クリエーションを最も大切にし、クリエーションとビジネスのバランスを取ることが自分のジレンマであり、今回のコラボは、それを究極に、そして折り合いをつける最高のチャンスとしてH&Mとのコラボをとても前向きに考えてらっしゃいますね。

 H&M側も、カールラガーフェルドから始まった秋のコレクションデザイナーとのカプセル(限定)コレクションも今年で、5年目になりますが、コラボしたいデザイナーの筆頭に川久保玲さんがあったようで、日本進出の今年には最高のプロジェクトになることを確信しているようです。

 業界の方に対しては、言わずもがなですが、日本進出にあたり、日本のファッション業界で最もインパクトのあるデザイナーと組んだH&M恐るべし、というのがニュースを知った時の私の率直な感想です。

 これで一気に日本でのH&Mの知名度アップは間違いないでしょうし、半信半疑だった業界にその実力とH&Mは手抜きをしない、徹底した会社だという現実が付きつけられることになりそうです。

 GAPが原宿にオープンした時、商品割引券が配布され、表参道に長蛇の列ができたことを覚えています。

 H&Mがオープンする明治通り側はとても歩道が狭く、GAPの時以上に大混乱必至ですね。大丈夫かな、とかつて大型店オープンの時のお客様の列を、安全と近隣への迷惑いかに避けるかを考えていたころの自分を思い出して勝手に心配してしまいました(笑)

 それから9月の銀座店のオープンにも何かしかけがあるはずなので、そちらの方も楽しみにしたいと思います。

いつもお読み頂きありがとうございます。
毎日1回、クリックで応援お願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
blogrankings2 >>>人気blogランキング に参加しています。
【第10位】↓down (08.4.4現在)

関連エントリー‐H&M(エッチアンドエム)、2008年秋 日本進出
関連エントリー‐H&M、次なるコラボはステラ・マッカトニー
関連エントリー‐H&M(エッチアンドエム)の06年コラボはヴィクター&ロルフ
関連エントリー‐H&M 今秋のコラボデザイナーはロベルト・カバリ

|

« 成長アパレル買収と近代的組織の確立 | Main | BEAMS(ビームス)ステイショナリー、セブンイレブンで販売 »

Comments

川久保玲さんとですか。
どんなスタイルを見せてくれるか、楽しみです。
私は原宿へは行きませんが、銀座は見たいですね。

それにしても、どうして日本の企業は
そういうこと(どんな形かまだ不明ですが)
ができないのでしょう。

Posted by: タッシー | April 05, 2008 at 10:11 PM

いつも興味深く拝見させて頂いております。

H&M、ZARAなどファストファッションは、話題に尽きることありませんね。商品、流通、出店など・・・。
長年現場にいたもので、小生は販売方法が気になります。
所謂販売員のスタンスですね。既存SPA系に販売員というよりもサイズ出し係、商品出し係、レジ係と・・・寂しい限りです。マニュアル通りの声掛けには、心の中で笑ってしまいます。百貨店しかり。
小生の中で109のカリスマ販売員が出てきた時は、新しい販売方法だと関心したものですが、今はその当時のカリスマ販売員気取りというか・・・。
H&Mのスタッフが店頭でどのようにお客様に接するのか大変興味があります。むしろそこにだけに興味があり、期待しているところです。
USの店舗にしかいったことありませんが、H&Mのスタッフはモデルとしてのスタンスで面白かったです。(そのままでは日本では受け入れられないと思いますが)

駄文失礼しました。

Posted by: パパ | April 06, 2008 at 05:04 AM

タッシーさん

こんにちは、いつもコメントありがとうございます。

H&Mは、ファッションビジネスにおける常識とか、固定概念に関係なく、生活者を楽しませることに長けているのではないでしょうかね。

これからもよろしくお願いいたします。

Posted by: taka | April 06, 2008 at 03:19 PM

パパさん

いつもお読みいただき、コメントありがとうございました。

販売員のスタンス、確かに興味深いですね。

ZARAにしても、海外で見るH&Mにしても、アバクロにしても、スタッフは、店舗の世界観、演出の一部になっていると思いますね。

日本のZARAのスタッフも一見、スノッブに見えるところがありますが、話しかけると、とてもわかりやすく、丁寧に対応してくれるという印象があります。

オープン楽しみですね。

これからもよろしくお願いいたします。

Posted by: taka | April 06, 2008 at 03:27 PM

たまたま、寄りました。
H&Mとコムでギャルソンのコラボすごいですね。

ドイツのH&Mに一度足を運びましたが、あの安さであの可愛さはコラボによる世界観の再構築も去ることながら、圧巻でした。
が、このブログの情報量も圧巻です。

あと、アレンジの仕方も可愛かった。

BLOGこれからもチェックします。
失礼します。

Posted by: アレンジ | May 04, 2008 at 03:28 PM

アレンジさん

コメントありがとうございます。

ドイツはH&Mの1/3の売り上げを上げる有力マーケットですからスウェーデンよりも力が入っているのではと思います。

アレンジさんのブログ、拝見しましたが、素敵なブログですね。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

Posted by: taka | May 04, 2008 at 03:59 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83922/40758040

Listed below are links to weblogs that reference H&M日本進出、コム・デ・ギャルソンとコラボのインパクト:

» HM今度はコムデギャルソンとコラボ!!日本進出の大きな記念に [社会保険労務士見習いの日記 ~人事・総務からファッション情報まで何でもお任せ!?~]
HMとコムデギャルソンのコラボが今年の秋、東京店のオープンとほぼ同時に発売されます!! こんなに興奮するニュースは久しぶりですね [Read More]

Tracked on April 04, 2008 at 09:35 PM

« 成長アパレル買収と近代的組織の確立 | Main | BEAMS(ビームス)ステイショナリー、セブンイレブンで販売 »