« 先週の記事別アクセスランキング | Main | 「学ぶ組織」と「教える組織」 »

May 27, 2008

ユニクロのファーストリテイリング社が開発する商業施設「ミーナ」

 5月24日の日経新聞、繊研新聞、26日の日本繊維新聞に、ユニクロのファーストリテイリングが開発する商業施設、「ミーナ町田」が23日にオープンしたことに関する記事が掲載されていました。

 これは05年10月のミーナ天神(マツヤレディースビル)、07年11月のミーナ津田沼(丸井跡)、08年のミーナ京都(東宝跡)、に続く4件目、都内では初の施設になります(町田は東急ハンズ跡)。

 ミーナ天神
 ミーナ津田沼
 ミーナ京都
 ミーナ町田

 いずれも、

 ・駅前そこそこの好立地
 ・ビル一棟をファーストリテイリングが賃借し
 ・上層階に2層分ユニクロを配置(天神のみユザワヤが上層でユニクロは2-3階)
 ・その階下に郊外SCなどでもおなじみの企業やファストリグループのファッションストアが入居する

 形となっているようです。

 ユニクロの1店舗平均年商5億円規模の幅広い客層の集客力は、業界では魅力で、ユニクロが同じビルに入居したことによって、売上が上がった経験をお持ちの企業の方も少なくないはず。商業施設「ミーナ」はそんなユニクロの力、ある意味「ユニクロのシャワー効果」を活用しての同社のチャレンジだと思います。

 ニッセン記事によると、それぞれ総床面積4500-6000坪で、初年度50億円の売上高を計画しているようですね(天神の実績は不明)。

 郊外ロードサイドでは、しまむらグループが、「ファッションセンターしまむら」を核にして、カジュアルのアベイル、シャーンブル(雑貨)、バースデイ(ベビー)などを複合させたモールをいくつも立ち上げていますが、ファストリの場合は、都心部の好立地で、「ユニクロ」の力を利用しての強豪ファッションビルデベロッパーとの競合になります。

 さて、ミーナは、デベロッパーとして拡大するのか、グループ企業活性化のためにユニクロを活用するのか、その目指すところは、今のところ、試行錯誤ではないかと思いますが、ますます賢く買いまわる生活者に、都心部でファストリが、どんなテナントミックスを提案できるか、今後の展開が楽しみです。 

いつもお読み頂きありがとうございます。
毎日1回、クリックで応援お願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
blogrankings2 >>>人気blogランキング に参加しています。
【第14位】↓down (08.5.27現在)

|

« 先週の記事別アクセスランキング | Main | 「学ぶ組織」と「教える組織」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83922/41335885

Listed below are links to weblogs that reference ユニクロのファーストリテイリング社が開発する商業施設「ミーナ」:

« 先週の記事別アクセスランキング | Main | 「学ぶ組織」と「教える組織」 »