« 先週の記事別アクセスランキング | Main | リアル店舗とウェブストア(ECサイト)の使い分け »

June 10, 2008

ポイントが世界ブランドを東京から発信

 6月9日の日本繊維新聞、10日の繊研新聞に、ローリーズファームなどを展開するカジュアルファッションSPA(製造小売業)企業、ポイントが、来春、香港でスタートする計画だった「世界ブランド」のプランを改め、東京に本部を置き、東京に1号店を出店することに関する記事が掲載されています。

 同社は、香港で既存業態のローリーズファームなどの展開を始めていますが、現地で好調なスタートを切っており、日本発信、東京発信のイメージ効果を活かさない手はない、と判断して方針転換に及んだとのこと。

 今年、9月にプロジェクトチームを始動させ、来春開店を目指すとのことです。東京に複数店舗出店した後、すぐに香港などアジアに展開するとのことです。

 また、同社は、従来、ブランドごとに、取引商社に専任企画生産チームを抱えてもらい、フットワークよく動いてもらうことによって、自社は販売に徹する、すなわち、企画生産機能を「持たない」ことを「強み」としてきましたが、新ブランドについては、生産は、パートナーであるウォンサンヒングループ(香港)のネットワークを活かしながら、自前でデザイナー、パターンナーを抱える、「持つ」経営への転換を図る模様です。

 日本のファッションSPA企業の勝ち組として、今後H&M、ZARAに勝負を挑むという世界ブランドの「東京発信」は、大いに歓迎したいところです。

 9月にはH&Mが銀座に1号店をオープンしますから、H&Mの出方をしっかりベンチマークされた上での立ち上げになるのでしょうね。

 社内の等身大MDを中心とした服作りのDNA、社外から採用するスタッフとの化学反応、楽しみにしたいと思います。

いつもお読み頂きありがとうございます。
毎日1回、クリックで応援お願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
blogrankings2 >>>人気blogランキング に参加しています。
【第11位】→stay (08.6.10現在)

関連エントリーポイントが香港を拠点にグローバルSPAを目指す
関連エントリーポイントの好業績を牽引する「等身大MD」


|

« 先週の記事別アクセスランキング | Main | リアル店舗とウェブストア(ECサイト)の使い分け »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83922/41491886

Listed below are links to weblogs that reference ポイントが世界ブランドを東京から発信:

« 先週の記事別アクセスランキング | Main | リアル店舗とウェブストア(ECサイト)の使い分け »