« 先週の記事別アクセスランキング | Main | スピード社レーザー・レーサーをデザインするコム・デ・ギャルソン »

June 25, 2008

第3の市場となるアウトレットモール

 6月23日の繊研新聞に、都心商業施設、郊外型SCに続き、第3の市場として注目されてきたアウトレットモールについての記事が掲載されていました。
 
 4-5月のファッションマーケット全般の低迷を尻目に、多くのメディアが取り上げた三井アウトレットパーク入間(4月開業)の勢いは、6月に入ってもとどまるところを知らず、各メディアのニュースが各地のアウトレットモールを取り上げ、生活者の熱い視線がアウトレットモールに向いているようです。

 記事では、アウトレットは好調で、正規店が不振という「主客逆転」のブランドや、在庫処分目的とは言え、店舗を構えた手前、売れすぎて商品が足りなくなったり、目の肥えた生活者から鮮度を要求されるようになったアウトレット店舗のために、正規シーズン商品を多めに作ったり、専用商品を作ったりしなければならいない「本末転倒」「功罪」の事例などなど、業界の視点で、的確に、現在のアウトレットを取り巻く現象、問題提起がされており、とても興味深く拝読いたしました。

 アウトレットモールの先輩、アメリカでは、既に第3か、どうかはわかりませんが、アウトレットは、ひとつの「販路」として確立しており、もはやアウトレットでしか見られない?ブランドショップや、百貨店に大きく売場を取っているブランドでも、アウトレット専用商品を作るのはあたりまえになっているようです。

 日本では、ブランド品が安売りされていると、百貨店あたりが目くじらを立てるもので、ブランドのアウトレットは正規店のある都心から一定の距離を置くというのが暗黙の了解になっていますが、アメリカでは、もっぱら百貨店で買う人、ディスカウンターで買う人、ブランドオフプライスストアやアウトレットモールで買う人・・・マーケット、販路が違うと、客層が違う、同じブランドでも、違った商品を販路に合わせた価格帯で供給することがまかり通り、生活者も割り切って購入しています。

 10年ほど前にアメリカ西海岸に住んでいたころの話ですが、車で数十分の範囲内に、

0)リサイクルショップ
a)ディスカウンター
b)ブランドオフプライスストアー
c)アウトレットモール
d)カテゴリーキラー
e)ショッピングセンター内専門店
f)百貨店

のすべてがあったもので、欲しい商品があると、時間の許すかぎり

①予算の範囲内で
②用途に応じて(プレゼント用か、よそ行きか、普段着か)
③買うならどこまでの店なら許せるか、妥協できるか

 を考えながら、心に引っかかる商品を求めて、価格の安めの業態からスタートして、高めの業態へと買いまわりをしたものです。

 予算、用途に応じた許容範囲の安めの業態で欲しいものが見つかればラッキー!と思いながら買いまわるのも楽しいものです。

 これから日本でも、都心の近くに出店が進むアウトレットモールや、H&M、ZARAなどのおしゃれなファストファッション業態が増えてくると、確実に生活者の賢い買いまわり先の一階層に位置づけられ、同じ予算の中で、以前より納得ができるものを手に入れることができるようになるという、ファッション消費文化の「豊かさ」を高めることに貢献することになることでしょう。

 今年は、そんな風に変わり行く生活者の購買行動、環境の変化に対して、ファッション流通各社が自身をどんなポジショニングに位置づけ、そこで何をしていくかが真剣に問われる大切な年になりそうです。

いつもお読み頂きありがとうございます。
毎日1回、クリックで応援お願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
blogrankings2 >>>人気blogランキング に参加しています。
【第11位】→stay (08.6.24現在)

関連エントリー-三井アウトレットパーク入間開業、変わるアウトレットモールの位置づけ

|

« 先週の記事別アクセスランキング | Main | スピード社レーザー・レーサーをデザインするコム・デ・ギャルソン »

Comments

こんにちわ、JM鈴木です。
10年前の話題、懐かしく思いました。
タカさんにショップの買いまわりの仕方なぞ教わりました。

私も先日入間に行ってきました、平日しかも雨なのにこの人は・・・
アウトレット旋風には驚かされます(僕も大好きですが!)

今年はH&Mも上陸しおっしゃるとおり業界にとっても
自社にとっても真剣に取り組まななければいけない年です。

いつも楽しみに拝見させて頂いてます
いつか、又どこかでお会いしましょう!

Posted by: 鈴木 タカシ | June 26, 2008 at 07:07 AM

鈴木さん

ご無沙汰しています!

このたびは、コメントありがとうござました。

市況は厳しいものがありますが、お客さんのご期待に応えながら、時代に合わせて、しっかりポジショニングされることを応援してやみません。

これからもよろしくお願いいたします。

Posted by: taka | June 26, 2008 at 07:13 PM

初めまして!
http://parthenon-tokyo.com/

Posted by: キラ | June 27, 2008 at 04:34 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83922/41634119

Listed below are links to weblogs that reference 第3の市場となるアウトレットモール:

« 先週の記事別アクセスランキング | Main | スピード社レーザー・レーサーをデザインするコム・デ・ギャルソン »