« ファーストリテイリングの第3四半期決算発表、いよいよグローバルSPAとの対決準備は整ったか? | Main | 先週の記事別アクセスランキング »

July 13, 2008

危うしNBジーンズ?変わるジーンズマーケット勢力図

 7月14日付(13日配達)日本繊維新聞の1面に、かつてはリーバイス、エドウィン、リー、ラングラー、ビッグジョンなどナショナルブランドの勢力図がマーケットそのものだった7000円台から1万円台前半のジーンズマーケットに今起きている異変についての記事が掲載されていました。さすが、現状のマーケットを的確にまとめられており、とても興味深く読ませていただきました。

 1万円未満のNBジーンズに近いクオリティを実現したユニクロの3990円ジーンズは今や数量ベースでは、年間売上1000万本と日本一。ここ一年のNBジーンズ不振は、ユニクロジーンズの影響が最大要因のひとつと言っても過言ではないでしょう。

 また、この秋日本進出を果たすH&Mのジーンズにも注目です。世界の一大デニム産地、トルコの大手メーカー(紡績~製品までの一貫体制)と組んだH&Mのジーンズコレクションは、このクオリティ、ファッション性でこの価格は安い!と日本のアパレル業界専門家の多くがその価値を認める、同社の中でも、もっとも評価が高い商品群です。

 「古着店(ユーズドミックス業態)が扱うリーバイス501のユーズドも脅威」と言われたNBジーンズ関係者の言葉も忘れられません。

 NBジーンズには、そんな低価格帯からの突き上げだけではありません。

 1万円台前半が穴場とばかり、バロックジャパンがマウジー、スライのノウハウを活かして、この秋から1万円台のジーンズの卸を始めるブランド「ストゥージ」。早くも百貨店、セレクトショップ、ジーンズショップに160店舗の展開を決めているとのこと。

 その他、百貨店、セレクトショップの岡山産地と組んだPBブランドの発売、はたまたプレミアムデニムの中にも価格をおさえるブランドあり、と1万円台が大激戦になる様相。しばらくNBジーンズにとって厳しいシーズンが続きそうです。

 ちょうど2日前、7月11日の日本繊維新聞に、そんなジーンズマーケットの歴史的転換期に裏方として活躍されているドクターデニムホンザワの本澤(ほんざわ)祐治さんのインタビュー記事が裏面一面に掲載されていました。

 同氏は、エドウィン社で自己完結的にジーンズビジネスを学んだ後、リーバイスジャパンで歴史的な501のモデルチェンジプロジェクトに参画され、彼が活躍した時期は、21世紀に入ってからのリーバイスジャパンの最盛期と重なります。その後、独立され、今では業界では某大手SPAからセレクトショップまで、価格以上の価値あるオリジナルデニムジーンズ開発の知る人ぞ知る立役者、ジーンズ業界のプロ中のプロと言えましょう。

 同氏はこれからの「生活者のための」ジーンズ新時代を切り開くキーパーソンの一人に間違いありません。

 一方、既存のNBジーンズメーカーの方々も旧来の流通慣習の上にあぐらをかくことなく、この正念場に後発組に負けないように、切磋琢磨して、「さすが、やっぱり・・・だね」、と言われるようなジーンズを世に送り出していただくことを期待してやみません。

いつもお読み頂きありがとうございます。
毎日1回、クリックで応援お願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
blogrankings2 >>>人気blogランキング に参加しています。
【第13位】↓down (08.7.13現在)

関連エントリー―ユニクロがリーバイスを抜く日
関連エントリー-ユニクロのジーンズの進化に感心

|

« ファーストリテイリングの第3四半期決算発表、いよいよグローバルSPAとの対決準備は整ったか? | Main | 先週の記事別アクセスランキング »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 危うしNBジーンズ?変わるジーンズマーケット勢力図:

« ファーストリテイリングの第3四半期決算発表、いよいよグローバルSPAとの対決準備は整ったか? | Main | 先週の記事別アクセスランキング »