« フランフランのバルスが客数アップで21ヵ月連続既存店増収更新中 | Main | H&M、ユニクロ価格で日本市場をロックオン? »

August 29, 2008

ユニクロがウイメンズ向け商品拡充

 8月28日の日経新聞、繊研新聞、日本繊維新聞各紙に、ユニクロがこの秋、600万本を販売目標とする、女性向けパンツの中心商品「スリムボトム」の発表会を行ったことに関する記事が掲載されていました。

 価格は2990円と3990円で、前シーズンにつづいて藤原紀香をキャラクターに販売促進をかけるとのことです。

 記事の中で目に止まったのは、商品そのものについての話ではなく、同社が売上に占めるウイメンズ向け商品の割合を現在の45%から早期に50%、長期的に60%に高めてゆくという話です。

 昨年から、同社がウイメンズアイテムに力を入れ、企画感度、クオリティが高まって来ているのは、業界も認めるところだと思いますが、業界売上規模最大のユニクロが同部門の構成比を更に高めながら成長してゆくということは、レディースカジュアルを品揃えする同業他社にとっては、そうとう大きなインパクトとなるでしょう。

 ユニクロが国内事業成長のためには、1にも2にもウィメンズ強化だということは、私も以前からたびたび申し上げて来ましたが、まっしぐらに進まれる模様で大賛成ですね。

 ユニクロは、会社全体はしっかり伸びているのに(前年比+7.9%)、一方のメンズは前年対比マイナス売上(前年比-4.1%)を示しているのが、現状です。ウィメンズ(前年比+11%)に比べ、手薄になっているのか、売り場を縮小しているのかわかりませんが、メンズ売り場(ユニセックスのプロモーション商品は除く)は、時代に逆行してコンサバになっていると感じることがあります。

 また、せっかくジャニーズ系のタレントを起用した一連のプロモーションも、モデルのかっこよさが引き出せていない、なんか、ずいぶんもったいない着せ方するなぁ、なんて思いながら店頭ポスターを眺めておりました。

 こちらも、もうすこし頑張ってくれるといいなと思う今日この頃です。

 しかしながら、ウィメンズを中心に、しっかり売れるしくみを構築してきたユニクロ、今秋のH&Mとの競演?期待しております。

いつもお読み頂きありがとうございます。
毎日1回、クリックで応援お願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
blogrankings2 >>>人気blogランキング に参加しています。
【第8位】→stay(08.8.28現在)

|

« フランフランのバルスが客数アップで21ヵ月連続既存店増収更新中 | Main | H&M、ユニクロ価格で日本市場をロックオン? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83922/42322211

Listed below are links to weblogs that reference ユニクロがウイメンズ向け商品拡充:

« フランフランのバルスが客数アップで21ヵ月連続既存店増収更新中 | Main | H&M、ユニクロ価格で日本市場をロックオン? »