« 三陽商会バーバリーブランドのミッドナイトエクスプレス | Main | ラグジュアリーブランド服飾小物を脅かす?インディテックスグループ新業態 »

August 13, 2008

マツキヨがヘルス&ビューティ雑貨専門店参入

 8月11日、12日の日経新聞に、来春規制緩和が実施される医薬品に関する、流通業界の対策に関する記事が掲載されています。

 要は、来年4月から、今まで、ドラッグストアや薬局でなければ買えなかった医薬品が、スーパー、家電量販店、ディスカウントストア、ホームセンター、コンビニで買えるようになり、なおかつ、定価販売が中心であった大衆薬も価格競争が始まるわけです。

 これに対して、ドラッグストア業界は、新業態の開発に躍起なわけですが、最大手のマツキヨことマツモトキヨシは、競争の激化、次なる成長エンジンを模索し、医薬品を一切取り扱わず、化粧品と美容雑貨と中心とした、業態を年内に立ち上げ、5年後に年商400億円をめざすとのことです。この新業態においては、マツキヨのディスカウント色を払拭して、ストアブランド戦略を行うとのこと。

 この業態の先行企業としては、プラザスタイル(旧ソニープラザ)やロフトが挙げられます。

 プラザは現在80店舗、400億円規模のチェーンですが、これに追いつけとばかり、年商3909億円のマツキヨグループが挑む新業態は、どんなお店になるのか、楽しみです。

 また、今回の医薬品の規制緩和を取り巻く業界の戦略は、広義のファッション業界にも影響がありそうで、異業種とは言えどもウォッチして行きたいと思っています。

いつもお読み頂きありがとうございます。
毎日1回、クリックで応援お願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
blogrankings2 >>>人気blogランキング に参加しています。
【第10位】→stay (08.8.13現在)

|

« 三陽商会バーバリーブランドのミッドナイトエクスプレス | Main | ラグジュアリーブランド服飾小物を脅かす?インディテックスグループ新業態 »

Comments

薬剤師としては、気になりますね。
医薬品の扱われ方が。
イメージ商品になる?

売る側は、商品を線引きして
適切かつ効率的に販売するということですよね。

Posted by: タッシー | August 17, 2008 at 10:23 AM

タッシーさん、こんにちは

コメントありがとうございました。

薬剤師さんでいらっしゃったんですね。

おっしゃる通り、効率重視にならざるを得ないのでは。

おのずと生活者が求めるものも限定されてきますね。

今後ともよろしくお願いいたします。

Posted by: taka | August 17, 2008 at 12:49 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83922/42151389

Listed below are links to weblogs that reference マツキヨがヘルス&ビューティ雑貨専門店参入:

« 三陽商会バーバリーブランドのミッドナイトエクスプレス | Main | ラグジュアリーブランド服飾小物を脅かす?インディテックスグループ新業態 »