« マーケットシェアと顧客シェア | Main | 住友商事がアシェット婦人画報社に出資、雑誌『エル』のECサイトを運営 »

January 14, 2009

ユニクロが英百貨店セルフリッジに出店

 1月14日の日経新聞に、2月下旬、ユニクロが、イギリスの高級百貨店、セルフリッジのロンドン旗艦店の中に、メンズ専門ショップをオープンすることに関する記事が掲載されていました。

 日本繊維新聞(ニッセンメディア)のサイトに少し詳しく出ていますのでご紹介しておきます。

 ユニクロ、英高級百貨店セルフリッジに出店 初のメンズ専門店

 ニッセンメディアの記事によると、

 紳士服フロア内、30坪、「コンテンポラリー・クールジャパン」をコンセプトに、MADE IN JAPANのデニム、リネンコットンジャケット、コットンカシミヤセーター、スウェットパーカーなどを揃える模様です。

 ロンドンの百貨店と言えば、日本の観光客にはハロッズやリバティの方が有名かもしれませんが、ファッション業界にいる人にとっては、ロンドンのマーケットリサーチに行く際、絶対外せないのが、このセルフリッジですね。

 私もロンドンに通っていたころは、セルフリッジのゾーニング、ブランド構成、そして、あるコーナーを定点的に観ることで、ロンドンファッションの旬のブランドを知ることができたため、欠かせなかったものです。

 数年前、伊勢丹本店メンズ館が改装で話題を呼び、その後ブレイクしましたが、なんかセルフリッジみたいだななんて思ったのは私だけではないはず。そんな格付けの素敵なファッション百貨店ですよ。
 
 ロンドン、このセルフリッジではEVISジーンズ始め、日本のブランドの評価は高く、その一角にユニクロが食い込むとは・・・うーん、凄いなと言わざるを得ません。ロンドンっ子の中での知名度、イメージかなり上がりそうです。

 ロンドンでクールジャパンを担ぐユニクロ、何かびっくり、そしてワクワクしてきましたね。

いつもお読み頂きありがとうございます。
毎日1回、クリックで応援お願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
blogrankings2 >>>人気blogランキング に参加しています。
【第6位】→stay (09.1.14現在)

関連エントリー-ロンドン・ハイストリートファッション・マーケットリサーチ

|

« マーケットシェアと顧客シェア | Main | 住友商事がアシェット婦人画報社に出資、雑誌『エル』のECサイトを運営 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83922/43743195

Listed below are links to weblogs that reference ユニクロが英百貨店セルフリッジに出店:

« マーケットシェアと顧客シェア | Main | 住友商事がアシェット婦人画報社に出資、雑誌『エル』のECサイトを運営 »