« オバマ効果で「Jクルー」関連記事にアクセス集中 | Main | ドバイ投資会社イスティスマルが米バーニーズ売却へ »

January 25, 2009

北風と太陽

 1月23日の繊研新聞の「視点」という記者の方によるコラムと思われる欄に「機会を作る」という見出しの話が載っており、いい話だったので、ご紹介します。

 生活者が、高価な洋服やアクセサリーが素敵だと思って買ってもなかなか使う機会が無いもの。

 ある婦人服メーカーの社長さんが「身につけて行く場所がないから多くの消費者は安いカジュアル商品に流れている」と思い、機会を作ればタンスの肥やしを身につけたり、新しい物を買うのではないかと発想、ホテルでパーティーを開催したところ、高価な洋服やアクセサリーなど新たな需要につながった、という話。

 こういう前向きな話、好きですね。

 イソップ寓話になぞらえて言えば、今、売れないからと、固定客にむやみにアプローチをする頻度を増やしたり、あるいは安くすれば売れると顧客の気持ちに配慮のない低価格戦略をとるような「北風」方式よりも、顧客が輝く素敵な機会を作ることによって、顧客自らが進んで新しい需要に動く「太陽」方式が功を奏したわけですね。

 生活者は、無駄なものは買わないのではなく、そんな新しい機会、新しい買い方、新しいストーリーを求めているのではないでしょうか?

 忘れかけてたそんな発想、身の回りでも、働かせてみてはいかがでしょうか?

いつもお読み頂きありがとうございます。
毎日1回、クリックで応援お願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
blogrankings2 >>>人気blogランキング に参加しています。
【第10位】↑up (09.1.24現在)

関連エントリー-プッシュ型マーケティングとプル型マーケティング

|

« オバマ効果で「Jクルー」関連記事にアクセス集中 | Main | ドバイ投資会社イスティスマルが米バーニーズ売却へ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 北風と太陽:

« オバマ効果で「Jクルー」関連記事にアクセス集中 | Main | ドバイ投資会社イスティスマルが米バーニーズ売却へ »