« アバクロが銀座にオープンするアジア1号旗艦店の開業日は12月15日 | Main | コレクトポイント原宿店の見所 »

April 29, 2009

小売等役務商標、ジュンが最多出願

 クリックして人気blogランキングへ

 4月26日の日経MJ、繊研新聞に、2007年4月からスタートした、小売業が使用するショップ名や提供するサービス名を商標として保護する制度=小売等役務商標制度の運用状況について特許庁が発表したレポートに関する記事が掲載されていました。

 この制度の趣旨を理解して、2007年4月~08年9月までの1年半に、もっとも数多く出願した企業は、アパレル大手のジュン(426件)、次にファイブフォックス(199件)、丸井グループ(161件)と続き、上位40社のうち、ファッション流通に関連する企業が23社入っていますね。

 特許庁の08年度商標出願動向調査

 この制度が、どういう意味があるのかは、制度スタート当時に書いた以下のブログエントリーをお読みいただければおわかりいただけるかと思います。

 小売等役務商標制度スタート

 もちろん、たくさん出願すればよいというものではありませんが・・・

 ファッションブランドメーカー企業に限らず、SPA(製造小売業)、セレクトショップ、一般専門店の企業の方も、ご自身が、自分たちのショップ名に愛着を持ち、「ブランディングを行っている」と認識されている方々は、これまで築きあげたショップの信頼、ファンになって下さった顧客の方々のためにも、そのショップ名やサービス名を守るために、最低限済ませておかなければならない手続きだと思います。

 私は、たまたま、商社でブランドラインセンス業務にも携わる機会があったので、いろいろ勉強をさせていただきましたが、ファッション業界において、企業の最大の資産のひとつは、商標=ブランドであり、ブランディングの第一歩は商標登録から始まると思っています。

 以前、数年間愛着を持って続けてきた自社ブランドが、ようやく軌道に乗ったと思った矢先、実は第三者(善意だろうが悪意だろうが)に商標登録されているものであることを知って、青ざめ、愕然とした経営者の姿も見てきましたんで・・・

 まずは、自社のブランド、しっかり守りましょう。
 
いつもお読み頂きありがとうございます。
こちらのアイコンをクリックして応援よろしくお願いします!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
blogrankings2 >>>人気blogランキング に参加しています。
【第10位】→stay(09.4.29現在)

|

« アバクロが銀座にオープンするアジア1号旗艦店の開業日は12月15日 | Main | コレクトポイント原宿店の見所 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83922/44839154

Listed below are links to weblogs that reference 小売等役務商標、ジュンが最多出願:

« アバクロが銀座にオープンするアジア1号旗艦店の開業日は12月15日 | Main | コレクトポイント原宿店の見所 »