« 神宮前交差点界隈がすでに熱い! | Main | 「ファストファッション」は今年の流行語大賞候補になるか? »

April 24, 2009

ギャップジャパンの低価格業態、ザ・ギャップUSA

 4月24日の繊研新聞に、米GAPの日本法人、ギャップジャパンが日本の郊外型SCのために開発した低価格新業態である”the gap USA(ザ・ギャップUSA)”のイオンモール秋田にオープンした1号店に関する記事が掲載されていました。

 ギャップジャパンは、日本で構築したアメリカよりもブランドイメージの高い和製GAPのイメージを崩さないように、なおかつ、郊外大型SC販路を開拓するために、同低価格業態を開発した模様。

○日本のGAPよりベーシック商品が多く、

○GAPの7割くらいの価格、ユニクロよりちょっと高め
 ジーンズ4900円
 Tシャツ1200-1900円
 など

 地方紙のサイトに店舗の画像があります(売場面積215坪)。

 河北新報ニュースサイト

 新業態は、繊研新聞の記事にあるように、ユニクロを意識した業態。同じイオンモール秋田には改装にあたり、ユニクロも増床して出店しており、the gap USAより一回り大きい売場面積となっているようです。

 実際、見て比べてみないとわかりませんが、今、進化を遂げているユニクロと、あえて退化?させたGAPでは、後者に勝ち目はないのではないかと思わざるを得ません。

 GAPは、日本進出にあたり、初期から百貨店に出店するなど、アメリカに比べて、大衆向けではなく、舶来のあこがれブランドのポジショニングを上手に構築したことは称賛に値すべきだと思います。

 サザビーと組んで日本進出したスターバックスコーヒーも、アメリカでは「コーヒーのマクドナルド」であるにも関わらず、日本では、とてもいいポジショニングをされていますよね。

 日本はそうやって攻めるマーケットだ。・・・両社とも水先案内人はそうリードしたのでしょう。進出当時はそれで正解だったと思いますが・・・

 一方、最初からストレートをど真ん中に投げ込んできた、すなわち、市場価格に合わせて日本進出を果たしたH&Mや同フォーエバー21もまた、今の日本のマーケットの成熟度、時代をしっかり読んでいると思います。

 そんな観点から、今、ギャップジャパンが、日本向けにかような低価格業態を開発するのは議論を呼ぶところでしょう。(オールドネイビーなら別ですが)

 日本のGAPの価格は高い、どうせすぐ値下げになるから、それを待って買えばいい、と言っている業界の人はかなりおります。私もそのひとり。

 であれば、最初から適正プライス(値下げ後価格)で売りぬくビジネスの方向転換ができないものか、できれば、郊外大型SCにもそのまま出店ができると思うのですが・・・だって、安くてもおしゃれなのは当たり前の時代ですからね。

 GAPは腐ってもGAP、我々がアメリカであこがれたブランドは、やはり常にユニクロの先を行っていて欲しいですから・・・

いつもお読み頂きありがとうございます。
こちらのアイコンをクリックして応援よろしくお願いします!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
blogrankings2 >>>人気blogランキング に参加しています。
【第11位】→stay (09.4.24現在)

|

« 神宮前交差点界隈がすでに熱い! | Main | 「ファストファッション」は今年の流行語大賞候補になるか? »

Comments

今回のgap USAというブランドは、基本アウトレットで展開されている商品(アウトレット店では通常店からの移管商品よりも米国アウトレット部隊で独自に作っているアウトレット専用商品の方が多いくらいです)を別タグ(?)で出しているようです。本当はOld Navyを入れたいところですが、米国内の建て直しが優先で、海外はその後、との事。
GapとOld Navyは米国では一応別会社体系ですからね。本社の体制と本国での現状をみれば、いろいろ裏が見えて楽しいです。
この会社に関しては、想像ではなく、完全な内部情報なんですけどね(笑

Posted by: R | April 27, 2009 08:35 PM

なるほど・・・

正直、繊研新聞の写真を見た時、アメリカで見たGAP OUTLETや昔のリズクレイボーンの売り場みたいだなと感じた次第です。

Posted by: taka | April 28, 2009 09:16 AM

内部情報とのことですが、アメリカGAPと比べると、日本のWomen'sがすごく魅力的なのは特別な理由があるんでしょうか。アメリカに滞在して戻ると、いつも驚きます。そう考えるとGAP USAもWomen'sに注目ですよね。

Posted by: p | April 29, 2009 12:42 PM

日本でのMen's&Women's商品は50%超Gap Japanが企画・生産しています。gap USAブランドはアウトレット商品の為、100%米国企画だと思います。サイズも日本向けスペックで作っているとは思いますが、これも米国がコントロールする日本サイズなので、通常店での日本オリジナル商品とは微妙に違うと思いますので、ご注意下さい。

Posted by: R | April 30, 2009 07:45 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ギャップジャパンの低価格業態、ザ・ギャップUSA:

« 神宮前交差点界隈がすでに熱い! | Main | 「ファストファッション」は今年の流行語大賞候補になるか? »