« ファッション企業のECサイトに関するビジネストレンド | Main | 先週の記事別アクセスランキング »

May 17, 2009

下取りセール、顧客心理と回収商品の行き場

 クリックして人気blogランキングへ

5月17日の日経新聞の日曜版、「エコノ探偵団」でも取り上げられていたように、「下取りセール」の話題が新聞紙上、経済紙上を賑わしていますね。

 火付け役となったイトーヨーカ堂は、各社が苦戦した3月商戦に、通算5回目、6回目となる下取りセールを2回打ち、その他キャッシュバックセールとの合わせ技で既存店売上高が単月2%の増収だったとか(食品含む)。

 4月8日-5月6日の間に、1050円のクーポンと引き換えに12万4000足の婦人靴を回収した小田急百貨店新宿店の婦人靴売り場も期間売上前年比2倍だったそうです。(ちなみに最初の2週間で回収したのは3万2千足;一人あたり3.9足の持ち込みだったとのこと)

 今回のセールは、うがって見れば、顧客を刺激する、名目を変えた割引セールで「麻薬」の一種のような指摘も中にはありますが、下取り対象商品を広げて、常時不用品を下取りして欲しいという要望も後を絶たない、また、後者の発行したクーポンの使用率が、期間中では10分の1程度しかない、という話は、収納の少ない日本の家庭で、不用品処分に困る生活者の「割引」以外の来店動機、購買心理も刺激しているようです。

 そんなセールが継続性のあるものかどうかは、回収した商品の行き場、処分対策にもかかっていて、とても興味のあるところですが、

・再生原料に加工する業者に譲る

・NPO法人経由発展途上国に輸出

 あたりが多く聞かれる中、面白いなと思ったのは、

 昨今、需要急増中で、スタッフ増員が急務となった某靴リペア業者さんの修理研修用に提供されていたり、

 リーバイスあたりですと、「ジーンズは時間が経過しても価値は下がらず、むしろ向上するもの」であることをアピールする意味も込めて、回収したジーンズの中から、お宝を発掘し、チャリティー販売するような企画も用意しているようです。

 さて、この下取りセールや回収企画、2-3年後には、どうなっているでしょうかね。企業側に社会的責任、貢献の意図があり、場当たり的ではなく、用意周到にしくみとして行っているのであれば、数年後も続いているはずですが・・・ 
 
いつもお読み頂きありがとうございます。
こちらのアイコンをクリックして応援よろしくお願いします!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
blogrankings2 >>>人気blogランキング に参加しています。
【第8位】↓down(09.5.17現在)

関連エントリー-イトーヨーカ堂の不要品下取りセール


|

« ファッション企業のECサイトに関するビジネストレンド | Main | 先週の記事別アクセスランキング »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83922/45051255

Listed below are links to weblogs that reference 下取りセール、顧客心理と回収商品の行き場:

» 不用品廃品回収買取引取り処分情報ネットナビ [不用品廃品回収買取引取り処分情報ネットナビ]
不用品廃品回収買取引取り処分の情報です。 [Read More]

Tracked on June 06, 2009 at 01:55 PM

« ファッション企業のECサイトに関するビジネストレンド | Main | 先週の記事別アクセスランキング »