« 先週の記事別アクセスランキング | Main | トップショップ/トップマンが来春より多店化開始 »

July 07, 2009

アメリカンアパレル(アメアパ)の工場就労者に不法労働者の疑い

 クリックして人気blogランキングへ

 今週のWWDジャパン1535号に、MADE IN USAにこだわる「アメアパ」ことアメリカンアパレルの国内工場就労者5600人のうち、約3分の1にあたる1800人が不法労働者である可能性があると、米国移民税関捜査局から通知を受けたことに関する記事が掲載されていました。

 前に以下のアメアパについてのブログエントリーをしまいたが、 

 アメリカンアパレルが投じる一石

 記事によると、今回の通知は、アメアパの会社サイドが、不法(移民)労働者と認識して雇用していたわけではないので、同社の責任が問われているわけではないようですが、少なからず、減産による影響を受けそうな様相です。

 今、アメアパやフォーエバー21などの日本進出で、日本でもMADE IN USAの商品を再び、見かけるようになりましたが・・・

 現実に、アメリカ国内、特に国境付近で洋服を縫っているのは、発展途上国からの移民が多いのが実情で、法定最低時給で働いているところもあるので、MADE IN USAと言っても、結構ローコストでアパレルができる背景もあったりします。フォーエバー21とか、低価格、短サイクルを売りにするチェーン店はけっこう、そういった下請け背景を活用していますね。

 アメアパの自社工場は、移民の人権を尊重し、相場の倍の賃金を支払っていることで知られていましたので、今回のニュースはちょっと残念です。

 アメアパのCEOさんは、移民の味方で、移民法改正の運動にも参加していたため、その行為を刺されたのか?それとも、アメリカのアパレル産業全体に対する当局の手入れの一環なのかは、わかりませんが、後者だとしたら、フォーエバー21のスピードにも少なからず影響が出てくる可能性もあるかもしれません。 

いつもお読み頂きありがとうございます。
こちらのアイコンをクリックして応援よろしくお願いします!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
blogrankings2 >>>人気blogランキング に参加しています。
【第10位】→stay(09.7.7現在)

|

« 先週の記事別アクセスランキング | Main | トップショップ/トップマンが来春より多店化開始 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83922/45575475

Listed below are links to weblogs that reference アメリカンアパレル(アメアパ)の工場就労者に不法労働者の疑い:

« 先週の記事別アクセスランキング | Main | トップショップ/トップマンが来春より多店化開始 »