« 先週の記事別アクセスランキング | Main | 【ご案内】富士通ファッション総合展でのセミナーのお知らせ »

July 28, 2009

イケア日本法人の売上高

 クリックして人気blogランキングへ

 7月28日の日経新聞に、世界最大のホームファッションストア、スウェーデンイケアの日本法人が、初の値下げ(1450品目;平均25%)を行うことに関連し、気になる日本の売上高が掲載されていましたので、ご参考までに取り上げさせていただきます。

 09年8月期見込みで約520億円、日本の家具専門店の中では2006年日本進出から3年、5店舗体制で、すでに業界第3位に食い込むことになるようです。

   企業名   直近決算期売上高  期末店舗数  1店舗あたり売上高
1位 ニトリ     2440億円       182店舗     13.4億円
2位 大塚家具   668億円        19店舗      35.2億円
3位 イケアJP   520億円         5店舗      104億円

参考 無印良品  1029億円       196店舗      5.3億円
   (直営店のみ)

 世界36カ国、300店舗で約2兆9000億円を売り上げるイケアは、日本でも1店舗あたり100億円超の巨艦店舗。単純に、あと2店舗出店すれば2位の大塚家具を超える計算が成り立ちます。ジャパン社社長は、条件が合えば年間2店舗ペースで出店したいと話しているようです。

 今回の値下げも、世界で作られた商品を、これまで上海やマレーシアのアジアハブ物流で積み替え、混載していたものを、愛知県弥富市に建設した日本のローカル物流に直接集結できることになったので、そこで浮いたコストを値下原資に充てるとのこと。

 同じスウェーデンのH&Mにしても銀座、原宿の2店舗が年商平均50億円超のペースですし、外資が上陸する時のビジネススケールの違い、桁違いのインパクトを思い知らされます。

 そんな本土上陸を果たしたグローバル資本主義の代表選手たちを相手に、日本企業はどう、相対してゆくのか、その立ち位置が問われています。

いつもお読み頂きありがとうございます。
毎日1回、クリックで応援お願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
blogrankings2 >>>人気blogランキング に参加しています。
【第8位】↑up (09.7.28現在)

関連エントリー-グローバル企業の物流・出店戦略

|

« 先週の記事別アクセスランキング | Main | 【ご案内】富士通ファッション総合展でのセミナーのお知らせ »

Comments

■イケア、1450品目を平均25%値下げ 出店拡大計画―消費者サイドに立てば今でも物は売れる!!
こんにちは。百貨店や、総合スーパーが斜陽化する中、イケアは業績も良いようですね。この違いは、店をみると良くわかります。今では、決して大型ともいえない、百貨店や総合スーパーのような業態で、お客様に満足させようと、何でもかんでも商品を陳列すれば、1ラインあたりの品揃えは、奥行きも、幅も、専門店に比較すると狭くなってしまい、逆に不満足を提供することになってしまいます。いまや顧客は、複数の専門店、コンビニなどを使い分けるようになっています。これらの、顧客の変化に追いついていないのが、百貨店、総合スーパーです。いずれにせよ、イケアの業績の良さなどは、日本の流通業で常識となっている「モノが売れない時代」という概念を覆すものだと思います。ここに、書いていると長くなってしまいます。詳細は是非私のブログをご覧になってください。

Posted by: yutakarlson | August 02, 2009 11:19 AM

yutakarlsonさん

コメントありがとうございます。

その通りですね。

これからもよろしくお願いします。

Posted by: taka | August 05, 2009 02:26 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference イケア日本法人の売上高:

« 先週の記事別アクセスランキング | Main | 【ご案内】富士通ファッション総合展でのセミナーのお知らせ »