« ファストファッション時代の出口論議 | Main | 伊ドルチェ&ガッバーナがD&Gを日本から撤退 »

May 26, 2010

週刊ダイヤモンドのユニクロ特集

 クリックして人気blogランキングへ

 今週の週刊ダイヤモンドの特集記事、約30ページに渡る、「ユニクロ 柳井正 野望と死角」を読みました。

 海外取材も含め、多くの記者の方が携わられた、総力を上げての仕上がりで、とても読み応えがありました。

 記事を読んでいて、いくつか関心を持ったところを挙げてみます。

・2010年グループ5兆円構想を掲げる同社ですが、やはり、H&Mと、ZARAのインディテックスと比べると、成長性、収益性では、まだまだ及ばず。その結果として、米GAPを抜いたとは言え、株主からの評価=時価総額は、インディテックスはファストリの2.5倍、H&Mについては、3倍!の差がついています。

 アナリストの方の指摘にもあるように、海外事業の高コスト体質を、H&MやZARAを見習って、どう効率アップするか、がキーになりそうです。

・今年オープンしたパリの旗艦店は年商100億ペースというアナリスト?の方の予測もあるようですが、一方で、オープン時は広告宣伝によって、ものすごい客数だったようだが、今は、H&MやZARAに比べて店内客数は少なめというレポートも・・・

・今後、最も店舗拡大が期待できる中国市場ですが、すでに中国全土で、2,000店舗近く出店していて、カジュアルウエア市場の16.3%のシェア(同社HPによる)を誇るローカルSPA、Metersbonweがユニクロの中国での成長の障害になるのではないか?という話。

 Metersbonweホームページ
 
 柳井会長は、韓国も中国も、ローカルSPAはグローバルSPAに駆逐される、とか、ヤング向けなので競合にならない、と眼中にないようですが・・・

・最後に、記事の中で、もっとも気になる、柳井会長の後継者に関する発言です。

 「(自分が)引退するのは不可能だと思っています。会長は続けるつもりです。現実の執行をしている人をチェックする、経営者を変えていくという仕事をやろうと思います。
 でも日々の経営を執行するのは65歳以降はやめたい。ただ、重要事項に関しては、相談を受けないといけないと思います。経営者の進退に関しては、僕が自分で決めたいです。」

 オーナーの気慨に負けず、体を張りながら、オーナーの顔色をうかがって仕事をしなさい、というのは、なかなか忍耐のいることです(汗&胃痛)。

 しかし、世界の元気のいいオーナー会社の経営者にはそんな共通点もあるかもしれない、と思います。 

いつもお読み頂きありがとうございます。
こちらのアイコンをクリックして応援よろしくお願いします!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
blogrankings2  ビジネス・業界ブログランキング 【第1位】→stay(10.5.26現在)

|

« ファストファッション時代の出口論議 | Main | 伊ドルチェ&ガッバーナがD&Gを日本から撤退 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83922/48475662

Listed below are links to weblogs that reference 週刊ダイヤモンドのユニクロ特集:

« ファストファッション時代の出口論議 | Main | 伊ドルチェ&ガッバーナがD&Gを日本から撤退 »