« 中国税関検査厳格化と訪日ツアーのキャンセル | Main | ユニクロはこの秋、ベーシック回帰? »

October 02, 2010

ABC(エービーシー)マートのセルフ販売店、「スーパーストックワールド」

 クリックして人気blogランキングへ

 9月27日の繊研新聞他に、靴専門チェーン大手、ABCマートが、先ごろララガーデン川口店をリニューアルして出店した同社初のセルフ販売業態、「ABCマート・スーパーストックワールド」(280坪)に関する記事が掲載されていました。

 靴の店頭販売方法は大きく分けて3つあると思いますが・・・

1)店頭片足陳列→顧客が自分のサイズを試し履きしたい時は店員に在庫確認を依頼、ストックから出して来た商品を店員の接客を受けながら購買検討

2)店頭フェース上段に片足陳列→顧客が試し履きしたい時は、サンプルの下に積み上げられた箱の中から自分のサイズを探して、勝手に試し履き、購買検討。ヘルプが必要な時だけ、店員が接客

3)店頭がサイズ別コーナーになっており、両足陳列または、ふたの開いた箱に入ったまま並べられている→顧客は自分のサイズコーナーに行き、気に入るものを探して、勝手に試し履き、購買検討

 1)が靴業界で圧倒的に多いパターンで、2)は郊外の量販ローコストオペレーション型、3)は日本では、アウトレットやセール期に見かけるスタイルですが、アメリカのディスカウンターでは圧倒的に、このスタイルが多いですね。

 今回ABCが取り入れた2)のセルフスタイルは、同社最大級の坪数で(全国でも2番目とのこと)、店頭にゆとりがあることと、売上予測からローコストで運営する事情があったからでしょう。

 顧客側から見れば、セルフ販売は、待ち時間なく、プレッシャーをかけられず、自分のペースで購買検討、お買い物ができるというメリットがあります。

 それにしても、ABCマートは、2010年8月末で、日本全国に郊外含め、584の店舗ありますが、セルフ販売の業態は、同店が初めてだったんですね~(これは意外)

 五反田TOCのABCマートアウトレットは、上記全ての売り方を取り入れているようでしたが・・・

 ちなみに、郊外ロードサイド立地を主戦場とする、業界1位のチヨダ(チヨダ、東京靴流通センター、シュープラザなど)は、1147店あって、そのほとんどが2)のセルフ販売になります。

 ABCマートは、今の勢いでいけば、1年もあれば、業界売上ではチヨダを抜いて、最大手になると思いますが、今回の新業態での試みは、未開の低効率立地の開拓の布石となるのでしょうか。

関連エントリー-顧客は靴売り場に何を望むか?
関連エントリー-片足陳列か、両足陳列か?

いつもお読み頂きありがとうございます。
こちらのアイコンをクリックして応援よろしくお願いします!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
blogrankings2  ビジネス・業界ブログランキング 【第1位】→stay(10.10.2現在)

|

« 中国税関検査厳格化と訪日ツアーのキャンセル | Main | ユニクロはこの秋、ベーシック回帰? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ABC(エービーシー)マートのセルフ販売店、「スーパーストックワールド」:

« 中国税関検査厳格化と訪日ツアーのキャンセル | Main | ユニクロはこの秋、ベーシック回帰? »