« レギュラー店より早いアウトレットモールの冬先取りセール | Main | ブランドよりもファッションパーツの時代に »

November 19, 2010

LUSH(ラッシュ)の店頭デモンストレーションはジャパンオリジナルだった

 クリックして人気blogランキングへ

11月19日の日経MJの一面に、我が家も行く先で見かけるとついつい立ち寄ってしまう、英国発入浴剤&スキンケアで多店化推進中のLUSH(ラッシュ)の国内出店、ブランドの魅力に関する記事が掲載されていました。

 1998年に日本法人を立ち上げ、自由が丘に出店して以来11年が経過、店舗数、売上は引く手あまたで、2ケタ増を続けているようで、10年6月期末で、145店舗、150億円の規模になるようです。

 あの坪数で、一店舗あたり年商1億円超は立派ですね~。

 広告宣伝は特に打たず、店頭を中心に、デリカテッセンのような店舗の世界観、自然派、社会貢献をアピールしている同社ですが、店頭での泡立てデモンストレーション、豊富なテスター、香り・・・五感に訴えるところが店舗の魅力であるところは、誰もが認めるところではないでしょうか。

 英国ブランドのジャパン社で、日本の店舗のつくりの多くが、本国の英国流ですが、店頭のデモンストレーションは、日本のアイデアであったことは興味深かったです。

 私は、店頭商売が好きなもんで・・・試食、試飲、お試し(試着だってそうですよ)などなど、店頭でのデモンストレーション、掛け合い=エンターテイメントの楽しみ、親しみに、過当競争下の差別化である「体験」、「共感」の提供ということで、重要性を感じています。

 以前もご紹介したカルディ-コーヒーファームの試飲サービスなんかもそうですし・・・

 関連エントリー-カルディコーヒーファームに見る店頭エンターテイメント

 同様に、アースミュージック&エコロジーが常套手段として、SCでは習慣になりつつある「タイムセール」も、コミュニケーション戦略のひとつ、エンターテイメントとして、やっているのか、売れないからやっているのか、他社がやっているからやっているのかで、意味と効果が全然違いますから・・・

 ラッシュの話に戻しますが、本国本社もサービス水準は日本の方が上と認め、これらの日本オリジナルのアイデアを逆輸入しているとか・・・

 こういう発想こそ、グローバル企業ですよね。 

 世界統一でありながら、本国流だけを押しつけるのではなく、ある国でいいことで、世界でもいいことを認め、世界に広げて行くことは、グローバル企業の必須スペックであると思います。

 来年には、体験スペースづくりの一貫として、代官山にスパSPAを開設するとか・・・

 体験型ファッションストアのロールモデル(お手本)として、今後のご活躍も楽しみにしています。

いつもお読み頂きありがとうございます。
こちらのアイコンをクリックして応援よろしくお願いします!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
blogrankings2 >>>人気blogランキング に参加しています。
【第1位】→stay(10.11.18現在)

|

« レギュラー店より早いアウトレットモールの冬先取りセール | Main | ブランドよりもファッションパーツの時代に »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference LUSH(ラッシュ)の店頭デモンストレーションはジャパンオリジナルだった:

« レギュラー店より早いアウトレットモールの冬先取りセール | Main | ブランドよりもファッションパーツの時代に »