« B3(ビースリー)の強みと成長性、そして素敵な「ディテール」 | Main | ファッション商品のネット通販で返品受付が広がる »

April 21, 2011

Bershka(ベルシュカ)日本1号店(渋谷)を覗いてきました

 クリックして人気blogランキングへ

 先週、渋谷にオープンしたZARA(ザラ)の姉妹ブランド、ティーンズ向けファッション業態、Bershka(ベルシュカ)日本1号店を覗きました。

 まず、さすがインディテックスグループ。 広告宣伝費をほとんどかけない分、店舗のロケーションこそ最高の広告宣伝と宣言するだけあって、立地選びには妥協せず、こだわりましたね。

 文化村通りから見える店舗は巨大看板そのもの、また、上層から階段で降りてくる来店客をガラス張りの正面から見せ、店舗外装の一部にするところなんかほんとにニクいですね。

 店頭陳列は、ZARAのスリーブアウト、ルック回転陳列に対し、フェースアウトの2段活用でルック提案している違いはありますが、1200mm幅あたりの陳列型数が統一されたきれいなカセットMDになっているところは共通していますね。これだけ計算しつくされているから、日本でもスピード出店、多店舗化は早いでしょう。近々に越谷のイオンレイクタウンとららぽーとTOKYOBAYにすでに出店が決まっているそうです。

 プライスポイント(最多価格帯)が2990円と、フォーエバー21の1990円、H&MのDIVIDEDの3490円の中間で・・・いいところを突いてると思います。買いやすい価格なので、またもやマルキューやセンター街界隈のカジュアルショップの売上を奪いそうな感じです。

 ZARAのプライスポイント4990円に対し、ベルシュカの2990円の安さを見て、どこで作っているのか(原産国)と興味を持ち、服種別、素材別にケアラベルをチェックして回りましたが、ZARAのようにスペイン製こそないですが、ポルトガル、モロッコ、トルコ、バングラ・・・ニットと先染めシャツの一部は中国とZARAとさほど変わらないのにちょっとびっくりしました。それでいて、ZARAと同じスピードインフラに乗せて日本に商品供給をしているとは・・・

 もっとも、ZARAの商品が布帛(織物)素材中心なのに対し、Bershkaは圧倒的にカット(ジャージー)素材中心なのがその低価格の秘訣のようです。

 是非、ベルシュカを見てから、同じ通りのフォーエバー21(F21)を見に行ってください。

 F21は、デザインはかわいいかもしれないけど、商品からオーラが出ていない(たぶん作り手がおもいっきりパクリとか、妥協をしている)、市場臭(いちばしゅう)ならぬ、現金問屋臭(げんきんどんやしゅう)がしますが、ベルシュカの方は、ヨーロピアンストリートカジュアルのちょっと背伸びした、いい味がでているのに気づきますよ。

 ホントは、トップショップに先にこんな店作って欲しかったな~というお店に仕上がってますね(笑)

 平日の昼間、決してめちゃ混みではないですが、F21よりも、鼻の効く、そしておしゃれなお客さんがそこそこいて、・・・会社方針で、オープンにあたり派手な広告宣伝をしない分、オープン景気はそれほどないかと思いますが、じわりじわりと顧客を獲得しそうな感じがしていて、これからの展開がとても楽しみです。

関連エントリー-ZARA(ザラ)の姉妹ブランド、Bershka(ベルシュカ)が来春、日本上陸

拙著 『人気店はバーゲンセールに頼らない 勝ち組ファッション企業の新常識』
全国書店で好評発売中です。

 

※グローバルファッションチェーンの成功の秘訣が満載!

いつもお読み頂きありがとうございます。
こちらのアイコンをクリックして応援よろしくお願いします!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
blogrankings2  ビジネス・業界ブログランキング 【第2位】→stay(11.4.21現在)

 

|

« B3(ビースリー)の強みと成長性、そして素敵な「ディテール」 | Main | ファッション商品のネット通販で返品受付が広がる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83922/51455981

Listed below are links to weblogs that reference Bershka(ベルシュカ)日本1号店(渋谷)を覗いてきました:

« B3(ビースリー)の強みと成長性、そして素敵な「ディテール」 | Main | ファッション商品のネット通販で返品受付が広がる »