« アパレル有力専門店のEC化率 | Main | 外資系小売業の成功と撤退 »

September 07, 2011

ナルミヤのエンジェルブルー他がイオンのNPBに

 クリックして人気blogランキングへ

 9月7日の日経新聞によると、ナルミヤインターナショナルは、同社の成長をけん引した百貨店向け子供服ブランド、「エンジェルブルー」および「ミニケー」をイオンの専用ブランドとして共同開発し、今秋からイオングループ100~150店舗で発売、14年度に250店舗、年商25億円を目標に、量販ブランドとして再生させるとのこと。

 新生エンジェルブルーの価格帯は2980円~3980円
 同 ミニケー    は        1480円~1980円

 百貨店時代の半額以下、イオンの子供服売場の中心価格に対しては、3~1割高になります。

 前者は年間6コレクション、後者は4コレクションを投入し、従来の子供服の2コレクションのサイクルを細分化し、価格だけでなく、店頭鮮度も配慮し、量販店の客層に対応しようというものです。

 記事によると、この取組みを視野に入れて、エンジェルブルーの百貨店での展開は昨年をもって終了していたんですね。

 エンジェルブルーの類似商品はすでに量販マーケットに低価格で、かなり出回っているように思いますが・・・

 同ブランドのイオンのNPB化は、価格は別にして(イオンにしては、ちょっと高いかも)、再建中のナルミヤの資産を活かすという観点から見れば、ナイスな選択だと思います。

 旬を過ぎた、かつての人気百貨店ブランド、駅ビルブランドの名を冠した量販店のNPB(ナショナルプライベートブランド)のアパレルと量販店の取り組みは今後も増えるのではないでしょうか?

 アメリカではウォルマートやターゲットあたりのディスカウンターにもすでにたくさんのデザイナーとの取組やキャラクターブランドとの取組のNPB事例が見受けられますからね。

いつもお読み頂きありがとうございます。
こちらのアイコンをクリックして応援よろしくお願いします!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
blogrankings2  ビジネス・業界ブログランキング 【第2位】→stay(11.9.7現在)


 

|

« アパレル有力専門店のEC化率 | Main | 外資系小売業の成功と撤退 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ナルミヤのエンジェルブルー他がイオンのNPBに:

« アパレル有力専門店のEC化率 | Main | 外資系小売業の成功と撤退 »