« 都心駅前の「客数」の魅力 | Main | メーカーズシャツ鎌倉が白洋舎と取り組むシャツメンテナンスプログラム »

October 28, 2011

ルミネ有楽町店&阪急メンズトーキョーは新しい銀座の玄関口

 クリックして人気blogランキングへ

 今週の業界の世間話も、昨日から今日にかけてのメディアも、ルミネ有楽町店オープンに関する話題が多かったですね~。

 せっかく銀座でクライアントミーティングがあったので、ちょいと立ち寄りましたが、ルミネ有楽町店は入場制限(5-10分行列すれば入れたようでしたが)だったので、また落ち着いたら行くとして、阪急メンズ館だけ覗いて帰って来ました。ブランドぞろえは非常に感心しますが・・・個人的には、まだまだ、新宿伊勢丹メンズ館の方が好きかな?と。

 朝のニュースバラエティ番組もそうですが、20代の女性およびカップルを銀座に呼ぶ、銀座が若返る、というような報道が多かったと思いますが・・・私が一番興味があるのは、

 イトシアが呼び水となった丸の内から有楽町へのOLの流れを、ルミネがますます太くし、いかに、丸の内~有楽町~銀座の流れを本流にするか?

 という、丸の内OL、丸の内サラリーマンによる未来の銀座の活性化計画のステップです。やはり、彼女、彼らの方が、外から来る20代よりも、断然お金持ってますから・・・

 一方、10月28日の日経MJの一面の、ルミネ・阪急メンズで間口の広がる銀座+有楽町(有楽町を銀座と呼ぶと、銀座の方々に怒られるそうです=銀座ルール?)の特集記事も読みごたえがあります。

 記事の中で、興味深いのは、パリやロンドンの商業地の売上高の外国旅行者依存度は5割超え、これに対して、銀座は2~3割、世界でも珍しい内需依存型との話。

 今は、震災、円高と難しい時期ですが、外国人観光客の誘致に関しても、政府が、銀座の商業施設が、まだまだやること沢山あるのではないでしょか?

 やっぱり、銀座が元気であることが日本のファッション消費にとって、大事なことだと思っています。そのキーは丸の内のお勤めの方々、外国人観光客だと思います。

 ところで、

 ファッション業界情報の欠かせないメディアの一角に成長したFashionsnap.com(ファッションスナップドットコム)の阪急メンズトーキョーとルミネ有楽町店のレポート、臨場感があって、とにかくすごい!です。

 なかなか有楽町に行けない方、是非ご覧になってみてください。

 これを見て、行きたい!と思わない人・・・います?

 Fashionsnap.com:オープン直前 関東に第2のメンズ館「阪急MEN'S TOKYO」大解剖
 Fashionsnap.com:オープン直前 大人のルミネ「ルミネ有楽町店」大解剖

いつもお読み頂きありがとうございます。
こちらのアイコンをクリックして応援よろしくお願いします!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
blogrankings2  ビジネス・業界ブログランキング 【第2位】stay(11.10.28現在)


 

|

« 都心駅前の「客数」の魅力 | Main | メーカーズシャツ鎌倉が白洋舎と取り組むシャツメンテナンスプログラム »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83922/53105444

Listed below are links to weblogs that reference ルミネ有楽町店&阪急メンズトーキョーは新しい銀座の玄関口:

« 都心駅前の「客数」の魅力 | Main | メーカーズシャツ鎌倉が白洋舎と取り組むシャツメンテナンスプログラム »