« サティスファクション・ギャランティードが伊藤忠の出資を受けシンガポールを拠点に事業拡大 | Main | 【お知らせ】12月14日(水)@東京青山 『SPA時代のアパレル商品のニュースタンダードを考える勉強会~ メンズシャツ編』 »

November 21, 2011

ユニクロのソウル明洞中央店の初日の売上がなんと1億3500万円!

 クリックして人気blogランキングへ

 11月21日の日経新聞一面トップ記事は、日本市場に飽和感を覚え、海外出店を進めている日本の小売り・外食業の海外出店数が、日本国内の出店数を上回り始めた、いわゆる「内外逆転」の加速についてでした。

 ファッション流通企業の数字だけご紹介すると、

 ユニクロは、今期 海外107店、国内25店(同社の出店の内外逆転は創業以来初めて)

 無印良品は、同 海外34店 、国内20店 2021年には国内と海外の店舗数が逆転の見通しとのことです。

 いずれも出店から退店を引いた、純増ベースの数字です。

 今年2011年はそういう意味で、日本の小売業にとっての転機の年になるのでしょうね。

 ところで、11月11日にユニクロが韓国ソウル明洞にオープンした世界で6番目のグローバル旗艦店(1200坪)の初日の売上が日本円にして1億3500万円だったそうです。

 聯合ニュース:ユニクロ明洞中央店 初日売上高1億円超える

 これはびっくり。1日でですよ!

 私が業界内で小耳にはさんだ数字ですと、日本でのオープン初日最高売上記録は2009年新宿西口店の1本だったそうですから・・・それを大きく上回る、もしかしたら同社のみならず、世界のファッション小売業のワールドレコード(世界記録)かもしれませんね。

 (H&Mのワールドレコードである2008年の銀座オープンの初日ですら、あそこまで並んでユニクロの新宿西口の8掛けだった模様)

 さすが、韓国の熱狂的な消費者、ユニクロのレジ台数、さばき力がなせる業だったのでしょう。

 一体何台のレジ用意したんでしょうね。

 このあたりユニクロは、H&Mやフォーエバー21あたりよりも一枚も二枚も上手ですね。沢山並ばせればいいってもんじゃない、レジ台数とどうさばくかで売上がどう伸びるのか、よくわかっていらっしゃいます。

 この手ごたえは、きっとユニクロのアジア出店の加速につながるでしょうね。

 欧米で背伸びして無理をするより・・・戦力をまずは東アジアに集中させた方がよいのでは?と思っているのは私だけではないでしょう。

 【お知らせ】弊社主催で、勉強会 『SPA時代のアパレル商品のニュースタンダード~メンズドレスシャツ編(12月14日@青山)』 開催します。 
 詳細は>>>こちら

いつもお読み頂きありがとうございます。
こちらのアイコンをクリックして応援よろしくお願いします!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
blogrankings2  ビジネス・業界ブログランキング 【第2位】stay(11.11.21現在)


 

|

« サティスファクション・ギャランティードが伊藤忠の出資を受けシンガポールを拠点に事業拡大 | Main | 【お知らせ】12月14日(水)@東京青山 『SPA時代のアパレル商品のニュースタンダードを考える勉強会~ メンズシャツ編』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83922/53300856

Listed below are links to weblogs that reference ユニクロのソウル明洞中央店の初日の売上がなんと1億3500万円!:

« サティスファクション・ギャランティードが伊藤忠の出資を受けシンガポールを拠点に事業拡大 | Main | 【お知らせ】12月14日(水)@東京青山 『SPA時代のアパレル商品のニュースタンダードを考える勉強会~ メンズシャツ編』 »