« 日本のファッション企業の国内価格と海外進出時の内外価格差は? | Main | ZARA(ザラ)はなぜアメリカで店舗拡大できないのか? »

June 30, 2012

【御礼】6月29日の勉強会「SPA時代のアパレル商品知識」にご来場頂き、ありがとうございました

 クリックして人気blogランキングへ

 6月29日(金)に弊社主催で開催させていただきました「SPA時代のアパレル商品知識勉強会」にご来場いただきました皆様、誠にありがとうございました。

 5回目となった今回は、「メンズのチノパンツ」をテーマに、

 1940年代のヴィンテージチノパンツの現物を実際にご覧いただきながら、

 本来の「チノパンツ」とはどういうものか?チノパンツの基本スペックなどを確認した後、

 同年代のヴィンテージチノパンツを参考にして現代風に手直し(モダナイズ)された、

 UNIQLOさん、GAPさん、RIGHT ONさんの努力、工夫の跡の見えるPB商品や有力セレクトショップで販売されている某ブランドのチノパンツなどを比較し、本来の「チノパンツ」のモノづくりの在り方を学びました。

 チノパンツというと、ツイル素材のベーシックな綿パンの総称的な言われ方をされることもよくありますが、

 ○ブリティッシュのスーツの組下を起源とした軍用パンツであったからこその仕様

 ○ワークパンツとの根本的な違い

 など、メンズアイテムならではの歴史をあらためて感じる機会となりました。

 月末の金曜日の夜というお忙しい時間を割いてご来場いただいた方々だけに、とても熱心に聴いていただき、実際商品に触れながら、いろいろなご質問をぶつけていただいたこともあり、とても熱い勉強会となりました。

 終了後毎回書いていただいておりますアンケートですが・・・

 5段階評価で全員の方から5の評価をいただいたのは今回が初めてです。ありがとうございます。

 ハイブランドから低価格SPAまで経験し、パターンとモノ作りの実務に明るいベテランパタンナー只野氏が商品をひとつひとつ取り上げてのディテールの解説に加え、

 私の友人である銀座松屋百貨店の紳士服部門のカリスマバイヤー、宮崎俊一さんからお借りした1940年代のヴィンテージパンツの現物が今回の勉強会に箔をつけて下さったことは間違いありません。

 実は宮崎さん、知る人ぞ知る、かなりマニアックなヴィンテージのコレクターなんですよね。

 おかげさまで、充実した勉強会になりましたこと、この場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございました。

 さて、次回の勉強会は現在テーマを検討中です。日程、詳細決まりましたらまた弊社HPやブログで告知させていただきます。

いつもお読み頂きありがとうございます。
こちらのアイコンをクリックして応援よろしくお願いします!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
blogrankings2  ビジネス・業界ブログランキング 【第2位】→stay(12.6.30現在)


 

|

« 日本のファッション企業の国内価格と海外進出時の内外価格差は? | Main | ZARA(ザラ)はなぜアメリカで店舗拡大できないのか? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 【御礼】6月29日の勉強会「SPA時代のアパレル商品知識」にご来場頂き、ありがとうございました:

« 日本のファッション企業の国内価格と海外進出時の内外価格差は? | Main | ZARA(ザラ)はなぜアメリカで店舗拡大できないのか? »