« 大丸松坂屋とワールドが共同でオムニチャネルリテイリングへの取り組みを開始 | Main | スタイリング志向か?単品志向か?その発想の違いに消化率の明暗あり »

November 16, 2013

【お知らせ】12月5日(木)アパレル商品知識勉強会 「ヨーロッパの服作りに学ぶ ~ZARA(ザラ)のパンツは なぜ色気を感じるのか~」

 クリックして人気blogランキングへ

 来る 12月5日(木)の夜、東京青山で弊社主催のアパレル商品勉強会を開催します。

 今回のテーマは・・・ヨーロッパのウィメンズパンツのシルエットとパターン(型紙)の研究です。

 講師は、今年6月にZARA(ザラ)のトップスのシルエットとパターン(型紙)について立体裁断の視点から、とてもわかりやすく解説して頂いて大変好評だった 「ゴン宮村」 こと 宮村知有氏に ご登壇いただきます。

 現在、国内88店舗、100店舗突破目前の人気欧州SPA(製造小売)ブランド、ZARA(ザラ)。

 その拡大、市場浸透により、ZARA(ザラ)はいまや都心部で働く女性のためのトレンド服のスタンダードのひとつとして重宝されていることは多くの方が認めるところではないでしょうか?

 今回の勉強会では

 ・ ZARAの 『パンツ』 は なぜ 色気を感じるのか、
 ・ ZARAの 『パンツ』 の こだわり はどこにあるのか、
 ・ 日本ブランドの 『パンツ』 との 違い はどこにあるのかなど、

 ZARAの『パンツ』 を講師独自の視点から、いろいろな角度から分析し、ZARAの商品を通じてヨーロッパのモノづくりのこだわりを誰にでもわかりやすく理解することを目的としています。

 『女性をきれいに見せる』 ことにこだわり続け、ヨーロッパの服作りを学び、パリコレ、東コレにも参加する日本人デザイナーのパターンを支え続けて来た・・・

 ハンチング帽がトレードマークのベテランパタンナー、宮村知有(ゴン宮村)氏が 独特の「ゴン宮村節」で 楽しくわかりやすく解説をしますのでお楽しみに。

 主な内容

 ○ ZARAのパンツに『色気』を感じる理由 を ゴン宮村 独自の目線で分析

 ○ パンツにおいて、『色気』を感じさせるポイント とは何か・・・

 ○ 美しいシルエットを目指す ZARAのパンツは 時代に合ったファッション

 ○ 文化習慣の違いから生まれた 『パンツ』 普及はスポーツがきっかけだった・・・

 ○ 美しいボトムスのシルエットの出し方とコツをお教えします

 ラグジュアリーブランドから、その他 国内外のSPAブランドまで幅広くパンツのパターンを研究、そこから導かれた ヨーロッパと日本のパンツの特徴や違いを現物サンプルをお見せしながらやさしくわかりやすく解説します。
 
 職種を問わず 理解していただける内容になっていますので安心してご参加ください。

※今回の勉強会はZARA(ザラ)のパンツを取り上げた今年5月16日の勉強会とは内容が異なります。別の講師が立体裁断のアプローチから違った魅力を引出します。前回参加された方でも新たな気付きを得て頂けると思いますので奮ってご参加ください。

タイトル: 「ヨーロッパの服作りに学ぶ ZARA(ザラ)パンツ編」
        ~ZARAのパンツは 何故 『色気』を感じるのか~大研究

   
日時  : 2013年 12月 5日(木) 19:00~20:30

場所  : 南青山クラブハウス会議室
        東京都港区南青山2-2-8 DFビル5F
        (東京メトロ 青山一丁目駅 徒歩3分)

講師  : 宮村知有 (ゴン宮村) 氏 

 ㈱ジュンアシダを経て、㈱アンダーカバーにてパリコレのパターンを作成、現在は東コレに参加のメジャーデザイナーをパターンで支援するなど、業界経歴39年のベテランモデリストです。

定員  : 25名(定員になり次第締め切り)

 ※12月3日時点 空席あとわずかです

参加費 : 5000円(税込み;当日徴収)
  
 
 尚、商品は主に ウィメンズロングパンツ を取り上げますが、テーマにご興味のある方はもちろん、「女性を美しく見せる服」にご興味のある方であればメンズ、レディース問わず十分吸収するものはある内容に仕上げたいと思いますので奮ってご参加ください。

 ご対象は、アパレル業界で商品に携わる職務の方、全般です。

 商品企画担当者様、生産担当者様、品質管理担当者様、バイヤー様、デザイナー様、パタンナー様、
店舗販売員様、および上記 スタッフ育成担当者様まで。

 講師経歴 : 宮村 知有氏 

 伊東衣服研究所〈成城〉卒業後、㈱メルローズ他、有名デザイナーズ、キャラクターズブランドのパタンナーを経て、ドレスから重衣料まで経験する中で、日本のパターン、服作りに疑問を感じるようになる。
 ヨーロッパの服作りを学ぶために、パリアトリエ経験のある近藤れん子先生の『東京立体裁断』 で、パリオートクチュールのテクニックである 『立体裁断』 を30年間学び続ける。
 その経験を生かし、㈱ジュンアシダに入社、「ミスアシダ」でチーフパタンナーを務める。
 その後、㈱アンダーカバーにてパターンを作成。
 現在は、ソマルタの東京コレクションのパターンを支援する傍ら、モデリスト、パタンナー育成、アパレル品質向上アドバイザーなど、弊社クライアント向けパートナーとしても活動中。
 
※ご質問、お申込みは・・・ こちらのメールアドレルまで>>>otoiawase@dwks.jp

①お名前、②差し支えなければ勤務先、職務内容、③連絡先お電話番号、④勉強会に興味を持たれた理由、⑤勉強会へのご質問、ご要望などをご記入の上、メールをお願いいたします。

 【おススメ本】 

 売れ筋単品よりも、スタイリングで魅了する、グローバル企業から学ぶこれからのMDの新常識とは?

 『人気店はバーゲンセールに頼らない 勝ち組ファッション企業の新常識』

 全国書店で好評発売中です(新書コーナーにあります)。

 数時間あれば読めてしまいますし、すべての話が1話(約4ページ)完結型なので、
 興味のある話だけ読んでもOKです。
 
 お気軽に手にとってください。

 Amazonでご購入の場合はこちら・・・
 

いつもお読み頂きありがとうございます。
こちらのアイコンをクリックして応援よろしくお願いします!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
blogrankings2  ビジネス・業界ブログランキング 【第1位】→stay(13.11.11現在)


 

|

« 大丸松坂屋とワールドが共同でオムニチャネルリテイリングへの取り組みを開始 | Main | スタイリング志向か?単品志向か?その発想の違いに消化率の明暗あり »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83922/58559264

Listed below are links to weblogs that reference 【お知らせ】12月5日(木)アパレル商品知識勉強会 「ヨーロッパの服作りに学ぶ ~ZARA(ザラ)のパンツは なぜ色気を感じるのか~」:

« 大丸松坂屋とワールドが共同でオムニチャネルリテイリングへの取り組みを開始 | Main | スタイリング志向か?単品志向か?その発想の違いに消化率の明暗あり »