« オムニチャネルリテイリングのゴールは「IT情報武装をした御用聞き」 | Main | リアル店舗とウェブストアが相乗効果を上げる条件 »

May 17, 2014

値下だけに頼らないバーゲン期の商品政策と価格政策

 クリックして人気blogランキングへ

 5月16日の日経新聞に「百貨店のセール今夏も時期分散」の見出しの記事が掲載されていました。

 記事によれば、三越伊勢丹は今年も他社より2週間遅い7月中旬にバーゲンセールを始めるとのことです。

 同社はその一方で・・・他の百貨店やファッションビルがセールに突入する6月下旬から7月上旬に通常のアパレルメーカー品に比べ割安な盛夏向けプライベートブランド(PB)を前年の1.5倍に増やして投入し、顧客の実需実売に応えることで対応するようです。

 バーゲン時期になると毎シーズン クライアント企業さんと話題にする価格の話でもありますが・・・

 顧客は果たして上澄みが取られた、つまり売れ筋のカラーサイズが欠け始めた商品や売れ残った商品の3割引のセール商品の中から掘り出しものを探すのが好きなのか?

 それとも、通常価格(プロパー)がそもそも3割 割高なので・・・値下されなくても、通常の3割安の価値と価格のバランスが取れた新鮮な正価(プロパー)品がタイムリーに店頭に並べれば 値下げなしでも喜んで購入するのか?

 バーゲンセールのスタート時期をいつにするかの議論も大事かも知れませんが・・・

 顧客がその時、求めているものは何なのか?

 値下なのか? 適品適価なのか?

 バーゲン期に値下だけに頼らない商品政策と価格政策を考える、そしてそれを検証する いい機会が間もなくまたやって来ます。

 【おススメ本】

 三越伊勢丹やルミネがなぜ夏のセールを2週間遅らせるのか?

 H&MやZARAはなぜセールの前後に価格政策を変えるのか? 

 その理由を拙著「人気店はバーゲンセールに頼らない」で解説しています。

 ファッションストアの顧客購買心理と在庫コントロールの近未来を考えるビジネス読本です。

『人気店はバーゲンセールに頼らない 勝ち組ファッション企業の新常識』

 大手書店新書コーナー、Amazonなどで好評発売中です。 

  


いつもお読み頂きありがとうございます。
こちらのアイコンをクリックして応援よろしくお願いします!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
blogrankings2  ビジネス・業界ブログランキング 【第1位】→stay(14.5.17現在)

 

|

« オムニチャネルリテイリングのゴールは「IT情報武装をした御用聞き」 | Main | リアル店舗とウェブストアが相乗効果を上げる条件 »