« リージョナルチェーンからナショナルチェーンへ、ヤングメンズカジュアル専門店 「コンファーム・イルズ(Confirm&ILL’S)」の躍進 | Main | 「ネットと店舗を完全に統合した小売業者」とは »

March 31, 2015

アーバンリサーチのファストファッションチェーン「センスオブプレイス」が原宿に旗艦店をオープン

 クリックして人気blogランキングへ

 3月27日の繊研新聞にセレクトショップのアーバンリサーチが手掛けるSPA型ファストファッションチェーン「SENSE OF PLACE by URBAN RESEARCH(センスオブプレイス)」の原宿旗艦店がこの度開業した新商業施設キュープラザ原宿の入り口路面部分(1階2階)にオープンしたことに関する記事が掲載されていました。

 最近 気になるストアブランドのひとつですので私もちょっと覗いて来ました。記事の内容とともに少し感想交えてご紹介をさせていただきたいと思います。

 ここ数年 複数のセレクトショップ業態での積極的な出店とEC戦略などによって前年比二桁増を続けファッション流通で最も勢いのある企業のひとつとして注目される アーバンリサーチ(UR)社。

 ちょっと前の記事ですが、1月9日の繊研新聞の記事によれば、同社は 2015年1月期で年商460億円規模となり(前年比26%増)、今期も二桁増の530-540億円を目指しているようです。

 そんな同社が今後の更なる成長エンジンとして、前期単一ブランドで年商100億円の大台に乗ったと思われるニューファミリー向けライフスタイル提案ストアの「アーバンリサーチドアーズ」とともに、第2の年商100億円超規模の柱となるブランドにすべく出店を急いでいるのが「センスオブプレイス」です。

 対象顧客は都会近郊で生活する20-30代のウィメンズ&メンズでしょうか。

 ブランドセレクトやメーカー別注など商品の選定と店頭接客力で成長したアーバンリサーチ社の各ブランドに対し、「センスオブプレイス」は同社にとって初の自社企画のSPA(アパレル製造小売業)業態。
更にマスマーケットでファストファッションチェーンとの競合共存に挑むセルフ販売型チェーンストアです。

 これまで大阪グランフロント、京都ポルタ、武蔵小杉グランツリーなどのお店も拝見しましたが、シンプルでモダンなブランドロゴと白を基調にスッキリまとめた内装や什器には北欧的なセンスと清潔感があり好感が持てます。

 そんな世界観の中で、プライスポイントは明確で、トップスで3900円、(フルレングス)パンツで5900円(ともに税別)に絞り込まれています。

 この価格帯はイオンモールなどで最もスタンダードな価格帯、駅ビルや近郊ファッションモールではこなれた値段のブランドに感じられることでしょう。

 個々の商品を見ると・・・ベーシックがお得意な同社らしく、比較的ウィメンズ、メンズともベーシック、ミニマルデザインながら素材の凹凸感や肉厚感などを意識した商品に仕上げているように感じられます。

 そんなシンプルデザインと価格訴求だけでは 一般的に淡泊・大味に陥ってしまいがちなところ、自社で手掛ける生活雑貨ブランド、花、音楽&アートネタのコラボをミックスさせ、カフェ業態も併設して、ライフスタイル提案の工夫をしているところも同社らしいところです。

 記事によれば、立ち上げ2年、店舗数はこの原宿旗艦店含めすでに26店舗もあるのですね。この春あと3店舗、秋にも6店舗の出店予定があるようで・・・気が付いたら、間もなく30店舗を超えるようです。
(参考:先の繊研の記事によれば前期はブランド単体で23店舗、年商30億円規模だった模様)

 チェーンストアで30店舗となれば、人海戦術からしくみへの次の成長ステージに入る分岐点、店舗の販売格差のばらつきと各店の在庫最適化にどう取り組むかの課題が顕在化してくる時期です。

 また、「ファストファッション」と名乗るブランドである以上、新しい店頭鮮度維持のための演出と実際の商品回転がキモとなりますので、ベーシックだけではなく、いつも新しい商品が入荷していたり、違った着かたができるという新しい発見の提案をマンパワーではない、しくみで考えたいところです。

 ライフスタイル提案はあくまでも援護射撃であって、アパレルとシーズン雑貨を店頭でどう新鮮に見せて、どう売り切って行くかのしくみが大切だと思います。

 勢いのある同社には、是非、顧客の動向をしっかり見極めながら、そんな課題を乗り越えて外資と競演する和製ファストファッションチェーンのひとつとして頑張っていただきたいなと思っています。

 それから今回出店したキュープラザ原宿の立地、これまで原宿の明治通り神宮前交差点より渋谷寄り、特に西側は久しく人の流れが乏しかったものですが、並びにある同じ大阪出身で集客力のあるASOKO などと共に新しい人の流れを作っていただきたいなと期待している次第です。

 関連エントリー-アーバンリサーチが来春立ち上げるファストファッション業態「センス・オブ・プレイス」
 
 関連エントリー今春相次いで立ち上がる日本流ファストファッション?業態

 【おススメ本】
 
 「ユニクロ対ZARA(ザラ)」単行本 ソフトカバー(日本経済新聞出版社)

 ユニクロはベーシックの商品管理のお手本 ZARAはトレンドファッションの商品管理のお手本
 両社の経営思想に裏付けられたオペレーションを顧客視点でわかりやすく解説しました。
 
 

 いつもお読み頂きありがとうございます。
こちらのアイコンをクリックして応援よろしくお願いします!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
blogrankings2  ビジネス・業界ブログランキング 【第1
位】→stay (15.3.31現在)


 

|

« リージョナルチェーンからナショナルチェーンへ、ヤングメンズカジュアル専門店 「コンファーム・イルズ(Confirm&ILL’S)」の躍進 | Main | 「ネットと店舗を完全に統合した小売業者」とは »