« ロンドンで進化するクリック&コレクトと通販受け取り拠点の多様化 | Main | お気に入りのアイテムと長く付き合う~ロンドンのトレンドスニーカーチェーンもクリーニングサービスにフォーカス »

October 11, 2019

「その一品をお客様の手に届ける情熱」を。オムニチャネル、O2Oを在庫視点で語り合う

先日、クラウド在庫管理システム、ロジザードの金澤社長とガチな在庫トーク(対談)をさせていただき、その様子を記事にして頂きました。

販売期間が短いファッション商品に在庫の苦労はつきものです。

リンク先の記事には対談した2人のこれまでの在庫にまつわる実務の苦労話が満載です。
みなさんが在庫とどう向かい合うかのヒントになれば幸いです。

経営ポリシー、社風、そして、商売人として・・・在庫管理の基本動作ができていれば、
デジタル化時代はますます、お客様のために的確にそしてスピーディに商品をご提供できる時代

そんな時代を迎えて、未来にわくわくしています。

よろしかったらお読みくだされば幸いです。

記事はこちら

「その一品をお客様の手に届ける情熱」を。オムニチャネル、O2Oを在庫視点で語り合う

 Stocktalk

【オススメ本】デジタル化が進み、ますますお客様が欲しい商品にたどり着く可能性、スピードが高まっています。そんな世界的な潮流を背景に10年後の未来を想像して紹介しました



|

« ロンドンで進化するクリック&コレクトと通販受け取り拠点の多様化 | Main | お気に入りのアイテムと長く付き合う~ロンドンのトレンドスニーカーチェーンもクリーニングサービスにフォーカス »