« 伊勢丹が三越との統合に向けて準備加速 | Main | 2008年、ファッション業界のビジネスマクロトレンドは? »

December 29, 2007

2007年ファッション流通10大ニュース!

 さて、今年もあと3日となりました。皆さんにとってどんな一年だったでしょうか?

 今年、「ファッション流通ブログde業界関心事」で取り上げたエントリーを使って、07年のファッション業界を取り巻く出来事を振り返ってみたいと思います。

1.百貨店統合
 伊勢丹が主導となった、三越、伊勢丹の経営統合により、大手百貨店の4大勢力構図が確定しましたね。百貨店マーケット全体は今後も年々縮小してゆくと思われますが、2010、11年にはどんな業界地図になっているのでしょうか?
 ●伊勢丹・東急百貨店の業務提携の方がすごい
 ●三越、伊勢丹資本提携は誰のため?
 ●三越・伊勢丹の経営統合、伊勢丹の主導ぶりに脱帽

2.銀座・有楽町の再開発
 首都圏集中のトレンドが進む中、この秋の銀座、有楽町の再開発は熱かったですね。これからは、首都圏内、エリアごとの集客綱引きが加速しそうです。
 ●この秋の新商業施設は、銀座・有楽町・東京駅が見どころ
 ●「ステイヤング」需要を逃すな

3.しまむらの都心部攻略開始
 改正まちづくり三法施行の今年、ヤマダ電機、しまむらなど郊外の猛者(カテゴリーキラー)たちが都心部に切り込んできた一年でした。今年の成果を検証して、今後も加速が予想されます。
 ●ババに?しまむら?
 ●しまむら高田馬場店 開店1か月が経って

4.業界で進むM&A
 やはり一番大きいのは、イオンによるダイエー再建でしょう。
 ●イオンの主導で合意されたダイエー再建最終章
 マルキュー系ブランドに外資ファンドが投資したケースも見逃せないです。アメリカでは、ここ数年プレミアムジーンズブランドにファンドが投資をしていましたが、来年は日本のマルキュー系など勢いのある等身大ブランドがファンド投資の対象になるケースが増えるかもしれませんね。
 ●投資ファンド2社が発表したアパレル買収案件
 ●マウジー、スライをフランスファンドが買収

5.ファストリのNYバーニーズ買収への入札
 手に汗握る買収金額交渉に熱くなったのは私だけではなかったはず。 
 ●ユニクロのファーストリテイリング、バーニーズ買収提案で逆転なるか
 ●ファストリのバーニーズ買収は社運を賭けた大博打?
 ●ユニクロのファストリ、米バーニーズ買収を断念

6.H&M日本進出情報
 いよいよH&M日本進出前夜ということで、詳細が徐々に明らかになってきた一年でした。
 ●H&Mの銀座旗艦店出店情報
 ●H&M社長、日本進出戦略を語る

7.海外大手SPA事情
 ザラのインディテックスの連続、年20%の成長、世界2位への躍進、一方、かつて世界一のSPAだった、リミテッドブランズのアパレル事業撤退は、新旧世代交代をはっきり物語っていますね。
 ●ZARA(ザラ)のインディテックスグループの驚異的な成長
 ●米リミテッドブランズ社 リミテッドストア売却でファッションアパレルビジネスから実質撤退

8.アパレル各社正社員化で更なる人材採用難
 これは、私が、仕事で行く先々で話題になっていた話です。今後は、囲い込みから、育成に向けた企業の対応を期待します。
 ●各社が正社員登用制度を加速
 ●給与・賞与だけがすべてじゃない

9.アパレルストアでの服飾雑貨に注目
 服飾雑貨(帽子、バッグなど)&靴の伸びが楽しみですね。今後も、着こなし上手がますます増えることを後押ししてくれるでしょう。
 ●アパレル企業の服飾雑貨売上が伸び盛り
 ●レッグファッション人気で靴下SPA(製造小売業)が好調
 アパレルの靴業界参入も興味深いトレンドです。
 ●ワールドがシンエイと組み婦人靴専門店を開発

10.ユニクロのジーンズ
 実は、このエントリー、今年もっともアクセスを頂いたもののひとつでした。私も実際、試していますが悪くないのでお奨めです。今年、散々だったジーンズカジュアル業界には驚異の事実だと思います。
 ●ユニクロのジーンズの進化に感心
 ●ユニクロが2990円のジーンズ販売を中止して、3990円・4990円に絞り込む

 ということで、独断と偏見にもとづいた選択になりましたが、多分業界のマクロトレンドはそこそこおさえていると思います。

 こちらも独断になりますが、今年の「大賞」は、何だかんだ言っても、国内、海外、品質向上、メディア活用と、一番業界を盛り上げてくれた、ユニクロのファーストリテイリングさんに贈りたいと思います。お疲れ様でした。来年も活躍に、期待しています!

 さて、次回、今年最後のエントリーは、同じく、今年のブログエントリーを使って、2008年のファッション業界のビジネストレンドを予測してみたいと思います。

いつもお読み頂きありがとうございます。
毎日1回、クリックで応援お願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
blogrankings2 >>>人気blogランキング に参加しています。
【第12位】↓down (07.12.29現在)

| |

« 伊勢丹が三越との統合に向けて準備加速 | Main | 2008年、ファッション業界のビジネスマクロトレンドは? »

Comments

M&Aはビッグニュース多かったですね!

Posted by: M&A | December 29, 2007 04:20 PM

はじめまして。今年の総括っぽいのでコメントさせていただきます。
来年から某百貨店に勤めることになったものです。
今年一年業界再編から目が離せない中で、毎回本ブログの記事を楽しみにしていました。
来年も業界は何が起こるかわからないようで。私個人としては不安でもあり楽しみでもあります。

来年も引き続き読ませていただきます。
がんばってください。

Posted by: ley | December 29, 2007 04:57 PM

leyさん

コメントありがとうございます!

転機を楽しみ、生活者のためによいお仕事をされることを応援しています。

これからもよろしくお願いいたします。

Posted by: taka | December 31, 2007 07:47 AM

いつも楽しく拝見をさせて頂いております。
しかし今回の年末のくくりを見ても、自分が勤めている会社が合併予定の会社に主導権を握られ、散々な酷評を頂いているのには、少し思うところもございます。
おっしゃるとおり、I社さん主導の部分はあります。
しかし当社にも伊勢丹にない物もあり、その点では当社主導です。
「ファッション性」「MDレベル」などはブログのおっしゃるとおりかも知れません。
ですが百貨店には「アパレル以外でトレンドが全てではない」部分も多々あることをご理解いただきたく存じます。

Posted by: MD | January 02, 2008 03:17 AM

MDさん

コメントありがとうございます。
また、いつもお読みいただき感謝いたします。

ブログのコメントが、意図せず、「酷評」と感じられ、MDさんを不快な思いにしてしまったことは、とても残念に思います。

おっしゃるとおり、三越さんには、長い間、業界トップとして君臨された歴史と、築き上げたお客様からの「信頼」があります。それに応え続けたからこそ、長年のファンになっていただいた方々に支えられていると思いますし、それを堅実に守ってこられた(もちろん、これからも)人財もすばらしいと思っています。

統合には、いろいろなご事情もあるかと思います。しかし、そんな築きあげた財産を十二分に活かして、相乗効果を出され、今後も既存のお客様のために、そして新しいファン作りのためにご活躍されることを期待し、応援しております。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

Posted by: taka | January 03, 2008 09:25 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2007年ファッション流通10大ニュース!:

« 伊勢丹が三越との統合に向けて準備加速 | Main | 2008年、ファッション業界のビジネスマクロトレンドは? »