« H&Mの日本10号店が10月9日ららぽーとTOKYO-BAYにオープン | Main | チェルシーが成田空港近くに大型アウトレットモールを開業 »

July 16, 2010

社内プロジェクトミーティング、社内研修活性化のためのヒント

 クリックして人気blogランキングへ

 私が、日ごろ、クライアント企業様の社員研修やプロジェクトミーティングのファシリテーションをする上で長年参考にし、応用しながら取り入れている手法のネタ本のひとつである、すごい会議-短期間で会社が劇的に変わる!の運用編が、最近出版されましたので、ご紹介しておきます。

 すごいチーム―結果を出すチームマネジメント12の方程式

 大ベストセラーとなった、「もしドラ」こと、「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」は、今でも、ビジネス書の売上ランキングの1位のようですが、「もしドラ」のキーワードにもなっていた、チームの中で、人を活かし、風通しをよくして、認め合い、学び合うクセをつけ、まずはやってみる、工夫する、成果に執着する人材、チームを育成するための、シンプルながら、実践的な方程式、魔法がわかりやすく書かれています。

 チームがギスギスしていて、評価するよりも、足の引っ張り合いだったり、上司と部下、馴れ合いになってしまうと、今更照れくさくてできないよ、なんてぼやかれる方も多いかもしれません。そんな時は、我々のような外部コンサルを活用するのも手ですが・・・

 でも、まずは、どこからでもいいので、できそうなところからひとつづつやってみると、意外なくらい変化があります。今まで、埋もれていて、気づかなかった、メンバーの才能が発見できたり・・・トライアンドエラーで、お試しあれ。取り組むあなた自身がチームを変えるはずです。

 アマゾンのレビューを書かれた方と同じところに、私も納得したものです。

 「事故が発生したとき、アメリカでは人助けをしたヒーローを探す。日本では原因を作った責任者を捜す」

 プロジェクトに限らず、日々の仕事でも、誰が悪いかではなく、是非、ヒーロー、ヒロイン探しをしましょうね。
 
 追伸: 先週、「すごいチーム」を読み終えた私も、あらためて、それらの方程式の意味とメリットを噛みしめ、初心に返って、今週行った2つのクライアントさんとの定例プロジェクトミーティングで、それぞれ、ひとつづつ方程式を実践しました。そのおかげか、参加された皆さんが、普段より一層、すっきりした感じになったのが印象的でした。
 このモチベーション、しっかり維持して行きたいと思います。 

関連エントリー-「学ぶ組織」と「教える組織」

いつもお読み頂きありがとうございます。
こちらのアイコンをクリックして応援よろしくお願いします!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
blogrankings2  ビジネス・業界ブログランキング 【第1位】→stay(10.7.16現在)

| |

« H&Mの日本10号店が10月9日ららぽーとTOKYO-BAYにオープン | Main | チェルシーが成田空港近くに大型アウトレットモールを開業 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 社内プロジェクトミーティング、社内研修活性化のためのヒント:

« H&Mの日本10号店が10月9日ららぽーとTOKYO-BAYにオープン | Main | チェルシーが成田空港近くに大型アウトレットモールを開業 »